Episode title: TATARI BREAKER

mp4_000110573


最後までこのOPがいいな。

うしおととらに完璧に合ってる。




mp4_000245949
いい加減にして!/いい加減にしろ! 
mp4_000258279
mp4_000261841
使い捨てられていい奴なんざ 死んでいい奴なんざ
この世にぜってぇ いねぇんだよ!
mp4_000263814

あの科学者たちの冷然とした態度に、ガツンと言ってやるうしおが見られて嬉しい。




mp4_000562992
え?キルリアン反応値120,000…
mp4_000567162
どんどん白面の力が上がっていくわ

イギリス

なに!9000キルリアンだと!?

だが、それはまだ最終形態ですらないのだ。




mp4_000750710
ようやくわかったわ 彼らの力の根源が
mp4_000756242
信頼すべきパートナーと
mp4_000758732
守るべき者…
mp4_000762106
そして強大な敵
mp4_000765464
それらすべてが揃った時
mp4_000768406
彼らは
mp4_000770388
無敵の力を発揮する

まさに少年漫画にあるべき少年ヒーローの鉄則を語っている。




善と悪。科学と精神性。遊び心と真摯な心。そう、うしおととらだ。このパワフルなアニメは二つの相反する戦いを見せ続けてきた。だけど、今回の話を観るまで私はそれら二つを結び合わせることはなかった。“Tatari Breaker”、今回の話で、正反対の勢力が互いに影響を与えうること、更にはその影響によって互いをより良いものに変えうることを学んだ。“Tatari Breaker”とはそうした真逆の力を調和させ、覆すことは不可能と思われる逆境を跳ね除ける為にあらゆる立場の者、あらゆる意見を持った者たちが協力することを言い表したものではないだろうか。

 

ヘレナは当時たった7歳の息子を失った。それ以来、彼女は許されざる実験を全うする為に、人道を押し込める強固な外装をその身にまとった。「科学ってのはね、できることとできないことがはっきりしてるの」とは彼女自身がよくわかっていることだ。だが同時にこの真理はうしおととらによって新たな真実へと形を変える。計算では図ることのできない力の存在に気づいたヘレナは「信頼すべきパートナー、守るべき者、強力な敵」と様々なものを結び合わせるのだ。



mp4_000772810

インディアナ州、アメリカ

とらが側にいれば、俺も敵に尻向けて情けなく逃げるなんてことはしねぇぜ!



 

カナダ

うしお x とら 4ever



 

ブロンクス区、ニューヨーク州

最高のタッグチーム。




mp4_000928915
今日の犠牲を糧に 必ず白面を倒してね

おばあちゃん、少なくとも心情的には汚名をそそいだ(redeem oneself)ね。正しいことを最後にしたと思う。あと、例の少年も助けることが出来て良かった。




mp4_001001117
こいつらがどうなろうが 知ったこっちゃねぇぜ
mp4_001007727
mp4_001010700
ええぃ! めんどくせぇなぁ!

ニュージャージー州、アメリカ

Tora channnnn



 

・ツンデレモードのとら顔にしばらく会えないなんて。

早くとらに再会できるといいな。


・とらちゃん(tora-chan)を好きになればなるほど会えない時間が辛いものだ。


フィンランド

次のクールはもうアナウンスされてる。しばらくブレイクを挟んだ後、春から続きが開始される。それで終わりなのかはわからん。




mp4_001132281
今日は何が食べたい?
mp4_001136585
ポール

いつも琴線に触れてくるアニメT-T



 

モスクワ

あの老婦人にハグしてあげたかった。痛いくらいに。



 

あっちの世界では、しがらみにとらわれることなく幸せでいてね、おばあちゃん。



 

アニメ観て実際に涙が出たのはこれが初めてだ。

 



誰だ、たまねぎを切って行った奴は!

 



ヘレナの最後の瞬間は絶句してた。MAPPAは感情を動かすシーンをよく処理してる。でも、今回の戦闘シーンは「う~ん」なレベルだった。




mp4_001143651
mp4_001146469

・捕らわれていた他の妖怪たち「我々はまだここにい……*BOOOOOOM!!!!!*

 

・もうバルだけだったんじゃないかな。心の底まで破壊されてなかったのは。

 

・他の妖怪たちこそホントのホントに科学の力でも想いの力でも、どうにもならないくらいボロボロだったんだよ。




mp4_001154356
mp4_001155263

・後の展開が見えて、ニセ麻子が燃えるところはニヤニヤしてた。

haha ああいう演出は好きだ。

 

アメリカ

心配してくれるうしおを見て顔を赤くする麻子が良かった。

 

ペタク・チクヴァ、イスラエル

いやいや、フェイクの麻子が燃えてるところはビクっとしたよ。その後の反応は最高だったけど。

 

26話はとてつもないプロットだった。いろんな要素が交じり合って収束していった。終わりの方では「悪の女性科学者」に感じ入ってしまうほどだった。うしおととらの、もはやお約束となってる、いがみ合いという名の兄弟喧嘩も凄く楽しめた。4月にアニメが戻ってきた時には、バルにも出番があればいいね。

 

いずれにせよ、最終的な評価は最終回近くなってからでないとできない。ただ、個人的にはこれまでの話を観てうしおととらが最高級のエンタメ作品だと思ってるし、2015年で一番の見逃したら惜しいであろう作品なのは間違いない。

 

次の話がとても待ち遠しい。もう既に先のことを考えて興奮してるくらいだ。




mp4_001170824


コルカタ、インド

こりゃただの毛よ;)

 



このシーン、プライスレス。

 



人形麻子かわいい。

 



mp4_001178971

うしおが見せる究極の愛らしい赤面まで、3……2……1XD!!

mp4_001182632
メリークリスマス!




mp4_001204688
凄い人間だね

バルちゃんの眉が凛々しい。



 

この先、バルにも何か役割があればいいな。



 

・それで、バルちゃんはどうなったの???

 

カイロ、エジプト

同じく気になった。うしおの家にバルちゃんいなかったけど。




mp4_001233630
君たちに我が同士 ヘレナ・マーコフ博士(Professor Helena Markov)
からの最後の言葉を伝えたい
mp4_001241516
「会えて良かった、そして、すまない」と
mp4_001250377

・RIP ヘレナ……。

生き残った二人の博士がヘレナの死を無駄にしませんように。

 

・自分はあの科学者たちを許せない。どんな過去があったとしてもだ。無残に死んでいった妖怪それぞれにも生きた理由があったはずだから。

 

ストックホルム、スウェーデン

老婦人の最後の行いには賛同するし、共感もする。でも、妖怪たちのことを思えば憐れみを感じることはできない。

 

・最初ヘレナは心のない人間の姿をした悪魔だと思ってたが、最後の最後でとても良いキャラになった。息子と彼女の過去には同情するよ😭😭

 

・残酷な実験をされた妖怪たちの中には、麻子の言うように「良/善い妖怪」もたくさんいたはずだね。まさかバルだけがそうではないだろう。その妖怪たちは最後の最後まで「助けて」とかそういう言葉を聞き届けられることはなかった。ヘレナみたいに生命を振り絞って何かを行う機会を与えられることはなかった。言っておくけど、ヘレナという一個人に何も感じないと言ってるわけではないよ。

 

ストックホルム、スウェーデン

ヘレナの過去について1話をあてた方が良かったと思う。




mp4_001292757
いずれ 白面の者との最後の戦いの時が来るだろう

カナダ

これからが本番だぞ!っていう新たな始まりみたいだ。既にうしおととらを楽しんでいるけども、この先の盛り上がるストーリーを思い描くだけで今よりもっと楽しんでる自分が来年の4月にいることがわかる。科学の力ではわからないことがわかるのさ、ふふふのふ。




mp4_001298752
それまではせめて このひとときの日常が続くように

LOL!!!



 

ラホール、パキスタン

キャラの表情に込める描き手の熱意が素晴らしい。これまで観たアニメでも最高の部類に入る。まこと、百聞は一見にしかずである。



 

ポルトガル

うしおととらはベストアニメ。

そして画像のあいつらはベストフレンズだ。




mp4_001312260
mp4_001321735

白面の者は出てくる度に不気味さを増していってる気がする。

紫暮が予感してるように、妖怪/人間 vs 白面の壮大なバトルを早く観たい!



 

アメリカ

白面の者は最高の敵の一人。

エピックな戦いになるのはわかりきってる!

 



カリフォルニア

白面のショットだけで不気味かつ不吉な暗示になってる。

 



白面の目が最初に登場した時はダイヤモンド形だったのに、今回はちょっと丸みを帯びていたように感じたのは気のせいだろうか。

 



mp4_001405796


イギリス

凄いクリスマスプレゼントをありがとう。

皆さんにメリークリスマス!

 

・クリスマス楽しんでる?

ペーパークラフトで作ってみたよ。支えにワイヤー使ってる。
1451100084002
これが精一杯だ。

 

・「とらケーキ」を作った人いないの?



 

バングラデシュ

うしおととらの旅はまだ終らない。

奴らは戻ってくるぞ:D

 



うーむ、正直区切りの話としては物足りなかった。この前の斗和子エピソードなんかは人物造形も妖怪デザインも唸らされたし、文句を言いようがなかった。凄く出来が良かったんだ。一応、これが今クールの最終話として位置づけられているが、どうもサイドクエストな感じが拭えなかった(ハマー機関ももっと早い段階からその存在を提示すべきだったと思う)。エクセレントな素材なんだが時々調理を失敗してる気がする。

 



とらは2016年春までの「期間」を呼び出した!

yeah!

 



プエルトリコ

2016年春開始!ホッホー!

 



カナダ

皆の者、次クールでまた会おう!

 



このアニメに終わりはないみたいだ。

Yokatta <3

 



ロンドン

2期を待ってるアニメが多くて辛い。

 

・他にそんなアニメがあったかな……いとしのムーコ?

 



シンガポール

4T^T

 



・なぜここで休みを挟むんだ。皆燃えて盛り上がってきたところだぜ!! うしおのリアクションは面白い!とらは永遠のツンデレ:D

 

・とらのツンデレ力は108,000を超えているからな!

 



ベンガジ、リビア

問:TATARI BREAKERとは何か。
 

mp4_001417428


https://www.reddit.com/r/anime/comments/3y6sc0/spoilers_ushio_to_tora_episode_26_final_discussion/

http://myanimelist.net/forum/?topicid=1465404




うしおととら 第4巻 [Blu-ray]
畠中祐
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2015-12-23



[管理人より]
最終クールは20164月開始ということでしばらく間が空きます。
27話以降も翻訳予定なので、お付き合い頂ける方はどうぞよろしく。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。