Episode title: The Demon Returns
mp4_000056925
おのれぇ、白面…
mp4_000059517
わしを歯牙にもかけやがらねぇ

とらは白面先輩(Hakumen-senpai)に気付いて欲しいんだ。




mp4_000075713


そもそも白面の者ってどこから来たの?最初から中国にいたの?




とらと白面の者はなんか関係があると思うんだ。白面の者の息子とかそんな感じで。




mp4_000481657
mp4_000485861
mp4_000488071

人身御供となる前には普通儀式が必要だから、死が無駄になるんじゃないかとひやひやしてた。




ここで演出として叫び声が入らないのもまた心に来る。




ちょっと考えさせられるな。もしここでジエメイが憎悪でもって炉に身を投げ込んだのなら、獣の槍は「陰」の塊となって逆に白面の者を倒すことはできなくなるんだろうか。須磨子の思い描く姿が本当の槍の使い手のあるべき姿なんだよね。




mp4_000542582
こうなることを望んでいたかもしれないんだ
mp4_000552281
俺は鬼だ!
mp4_000557367
鬼のなすべきことはひとつだ!

ギリョウ兄の怒りと悲しみと決意とで、こっちの心が張り裂けてしまった。




憎しみと絶望で満たされた血まみれの顔。強烈な印象を残すアートスタイルだ。




これはすべての妖怪は元は人間だったということ?

それともただのメタファー?




mp4_000625331
mp4_000661058
鬼として剣を打った俺は槍になる
mp4_000695423
いつかは、お前のような者と共に戦いたいなぁ!
mp4_000699221

喰らえ! 愛と、血と、怒りのぉ!
(※ドモンの台詞のもじり) 




宮野真守は良い仕事をした。言うなれば、宮野エモーションも獣の槍の鍛造に溶け込んでいた。




ギリョウが血を流し、その手が槍に溶けていく時、宮野真守もまた声として同化していったんだな。




mp4_000733344
mp4_000736429
我らは白面の者を倒すまで
ツァンユエの心の内に在る 

うしおは本当に過去に干渉したの?幻の類ではなく?




過去にうしおが飛んだことが槍誕生の原因の一部になってるってことなのか?




えっえっ?前から槍に「蒼月」と刻まれてたっけ?なんてこった、このボンクラの頭では覚えがない。




mp4_000759457
mp4_000763920
この槍見てたら急に何か思い出しそうになった

・でもまだ500年前にとらに槍を突き刺した男のことはわかっていないo.O

 

・yeah,におわせただけだった。

 

・たぶんその男はうしおのひいx6おじいちゃんなんだ。うしおとどっかで関係があったからこそ槍を使えたに違いない。

 

・ここはとら自身が槍の使い手で自らの胸に刺したということにしよう……うん、意味がわからん。

 

・その話は結構前にあった。三日三晩休みなく戦いが続いた後、とらに槍を突き刺した。その状態で封印を施し、その地に寺を建て、それ以来うしおの家系がずっと守ってきた。

 

ギリョウは勇気あるうしお少年に槍を託し、白面の者を倒してくれと願った。うしおはあの時代にはいないので、ご先祖様が槍を手にして、それが受け継がれてきたんだと思う。同時に、白面の者は槍が察知できない場所へと隠れたので、うしおが生まれ、槍をその手にする日がくるまでずっと残されてきた。だからこれはあの日から続くうしおと槍の運命なんだ。

 

・光覇明宗が育ててきた槍の伝承候補者は最初から槍の使い手になる運命にはなかったということか。

 

・なるほど、紫暮が選ばれなかった理由もわかった。

 

・ヒョウの家族を殺した、とらに似てるという謎の妖怪も気になる。




mp4_000869574
and became a red cloth made 
to seal the demonic object
一体一体妖怪が糸に变化し
妖物を封じる為に織られた赤布によって
mp4_000880513
to await the time it would reawaken...
槍はこれより深山幽谷に封じられたまま
長く復活の時を待つことになるのです 
mp4_000887247
次に一人の男がこの地を訪れるまで

まさかあの赤い布の正体が妖怪だったとは。妖怪も自分達の身を犠牲にしたのか。槍にまつわる過去はとことんダークだね。




その一人の男の顔を見せてくれ。とらの動きを止めるとはどんな奴なんだ。




mp4_000942804


白面の者は卑劣なことが大好きなんだな。顔ににじみ出てる。




mp4_000962459
へん、ざまぁみろい

こういうtotora(原文ママ)が好きだ。




mp4_000991450
ここはこの島国を支える柱の要よ
mp4_000996794
今、我はこの柱に身をさしこんだ
mp4_001004574
我が再びここを飛び去ることを考えよ
mp4_001011522
その時この島を支える柱はすべて崩れ出し
この日本なる国は大海に没するであろう

白面の者は『アドベンチャー・タイム』のリッチを思い出す。




・これって日本のミソロジーの一種なんだよね。日本で地震が起こるのは、日本の島々の下には妖怪が住み着いているからだとか。

 

・世界の「国々」はプレートテクトニクスが基盤になってるのでは?柱で支えてるってどういうこと?

 

・その考えは神道から来てるんだ。うしおととらは仏教のイメージも強いけど、同様に神道のことも念頭に置いて観るといい。例えば地震の原因は要石の間にいる大鯰(おおなまず)だとされていた。参考として鹿島神宮を調べてみてくれ。(ハレ/ドイツより)
 



白面の者が回復する前にけりをつけるとしたら、日本に住む人達を全員避難させないといけないのか?うーむ。それは現実的じゃないな。何か他に解決法があるんだろうね。どうするのか、こっち方面でも物語が膨らみそう。




こんな素晴らしい日本を犠牲になんて出来ないよ。




日本を人質に取るとは白面の者め、なんというB!TCH

 



時を超えて世界を脅かす存在、白面の者。クロノトリガー……。




mp4_001035645
mp4_001038637
女、裏切ったか!

なぜ白面の者を「守る」ことにしたのか、その真実を妖怪の長なんかに伝えればいいのに。これはきまぐれでも妖怪に対する嫌がらせでもない、良心に基づく理性ある行為なんだから。理解はされなくても伝えることに意味はあると思うのだが。




mp4_001067039
二代目はゆきの血を引いた貧しい村娘、日崎御角

全員がというわけではないが、ジエメイとそっくりだね……真由子も似ているし。白面を「守る」次の役目はやっぱり真由子なのかな。




mp4_001118581
how was he even born?
でもこいつの母ちゃんが結界を張ってんだったら
こいつはどうして生まれたんだよ

よく質問してくれたとら。それが何より聞きたかったんだ。




mp4_001159913
その夢の中で私は身ごもり、子を産むのですが
mp4_001164744
その子どもが成長して
初代のおっしゃる槍を振るっておりましたよ

二年で運命の人に出会って本当に身ごもることが出来たのか。

是非ともOVAとかで出会いの経緯なんかを描いて欲しい^O^




うしおの母ちゃんは数百歳……。凄いことだな。




mp4_001207705
その子に名付けるとしたら何と?
mp4_001212984
私が今座するこの場所
mp4_001216215
そして何者にも負けぬ力を持つという意より
mp4_001223290
潮…と

最後の盛り上がりでうしおと須磨子が出会うシーンがあれば号泣する自信がある。




須磨子が予想以上に素晴らしい人だった。心構えも言葉もかっこいい。ヒーローうしお君が誕生するのも当然だ。




でもずっと海の底にいるんだよね。あぁ、寒かろうに。うしお、早くかあちゃんのところにいって温めてあげるんだ。親にとっては子の元気な姿が何よりの宝なんだから。




・最後の最後で須磨子が犠牲になる展開になったらどうしよう。

 

・そこはうしおを助けたようにガールズ達の出番だろうな。誰かが犠牲にならなくても、今うしおの周りには力になってくれる人がたくさんいる。




mp4_001234515
Although, I was only able to give 
her two very short years
そして私は須磨子を外界に送りました
非情ともいえる二年の短い時だけ与えて…

・ちょっとここら辺がよくわからなかった。二年の時を与えた?

 

・ジエメイがその時間を与えた。

 

・その間、誰が結界の役目に付いてたの?

 

・うーん、坊さん連中?二年という短い期間に限定して代理を連れてきたとか?

 

・結界を維持するのはジエメイだけど、力に限界が来る度に次の御役目の継承者を探す必要がある。その力の限界の期間が二年だった、ということじゃないのか。




mp4_001258519
あなたにはこれからも様々な戦いが待っているでしょう
mp4_001262477
でも負けないで
mp4_001264936
あなたはあなたらしく
頑張って下さいね 

白面の者が送り出した眼球妖怪軍団は全部ローストしたんじゃなかったっけ?白面の者以外に何と戦うんだろう。まさか、あれよりおぞましい形の妖怪が登場するというのか*-*




・世界の命運はあなたの手にかかっているのです(これは決してプレッシャーではありません)。


・へっ、こちとら最終戦争の準備は出来てるぜ。ここここ、来いよはははは白面のもにょ……。




mp4_001270801
mp4_001272189

ジエメイ!!!!!! nooooo....




うしおに「ツァンユエ」の言葉を残して去るジエメイ。

私の顔は;____;こうなった。




ジエメイが最後に涙を流した時、悲しみのあまり心がどこかに飛んで行ってしまった。




ジエメイは尊敬に値するキャラ。生きてる時も献身的だったし、死後も永遠の姿になって白面の者に関わり続けている。すべては悲劇を繰り返さない為に。しかし、その時代ごとに人を選び、非情な運命をもたらさなくてはならない。涙を流すジエメイはどれだけ心の痛みと戦ってきたことだろう。たとえ人を超越した姿になろうとも、人の心を忘れたりはしない。思いやりのある優しいジエメイに変わりはないんだ。




mp4_001280704
おめぇ、もう後には引けねぇぜ
mp4_001303386
一緒に戦いたいって言ってたもんな
mp4_001307290
この世界に来たいって言ってたもんな
mp4_001322786
一緒に行こう!

・白面の者の一部はあのまま残しておいていいの?

 

・一応は死んだ扱いなんだよ。




自分を知った人間は強くなる。トレーニングしたわけじゃないけど、うしおは以前より遥かに強くなったはず。




俺にはうしおの行く末を見守ることしかできない。




敵は強大だから味方を集めないといけないな。




日本に行くことがあったらうしお分隊の一員として戦うよ。




確かにうしおが一番槍と共鳴できるね。今となってはそれが何/誰なのか知ってるし、単なる「槍」としてではなく、二人の顔をそこに見いだせるんだから。




;v; ganbate ushio~

 



mp4_001409414


Wow、ただただWow。今、言葉が出ない。1話に詰め込まれた感情の大波。このエピソードの間、ほとんど泣きそうだったでしょ?

 

・泣きそうだって?両目に溜まる涙は潮のようだったわ。つまり超泣いた。

 

・泣いてなんかないやい……。う、うるさいなー。

 

・私が泣いてるのではない。君が泣いているのだ。

 

・助けてくれ。忍者が玉ねぎを切るのをやめてくれないんだ:'(

 

・俺は感動のあまりティッシュと化した。さぁ、遠慮なく使うといい。




なんで日本ってやつは1分かそこらで人の感情を決壊させられるようなモノを作れるんだ?なんという能力と才能だ。




このエピソード中に浮かんだ疑問は全部数秒後に解決してしまった。

Q.子ども産む前に死んだのにどうやってジエメイはうしおの友達になれるんだ?

A.転生。

Q.数百年の間結界の御役目にあったのなら、どうやって須磨子はうしおを産んだんだ?

A.一時的な救済。

Q.なんで四人目の伝承候補者出てこないの?

A.次回予告。




うしおととらの感想?うん、sugeh!!




ハート?いいえ、それはkokoroです。




二話続けて素晴らしすぎた。評価20/10.

Wowowow.




断片化された情報が一つにまとまる瞬間。快感!




皆、感情の潜水艇に乗り込むんだ!涙の大洋で世界は覆われてしまった。もう浸り続けるしかない、永遠に。




愛、恐怖、嫌悪、憎悪、解決、決意。うしおは他人が苦しむのを放っておけない。いつだって正義を成し遂げねばならない。まさにヒーロー。




もう終わっちゃった。あぁ、39話を一つにまとめた超長編映画として一気観したい。

 



放心してた。白面の者は史上最高の敵だ。




もうダメだ。我の精神は弾け飛んで何も考えられない。誰か我を海の奥深くに封印してくれ。

 



槍の歴史、誕生の由来について多くを学んだ。さぁ、うしおも我々ももう後戻りは出来ないぞ!

 



どうしてナルトもうしおととらみたいにテンポよくできないんだ。何年も引き伸ばしおってからに!

 



今季アニメで二番目にお気に入りになった。一番は、おそらく白面の者をワンパンで倒せるかもしれない男の物語。そんなことはさておき、うしお君は悲しい過去の出来事によく耐えた。

 



これほど強く何かを感じることはもうないかもしれない。獣の槍の誕生のところはあまりにも悲劇的で心を揺さぶられた。キャラも演出もすべてが見事に配置されており、無駄が一切ない。白面の者の「脅し」や「企み」は最高に恐ろしいものだ。本当によく作られたアニメ。うしおの表情を見るだけでは、白面の者からうしおが受けた恐怖と同等のものを感じることはできないが、様々な角度から白面の者を描写することでじわじわとそれが伝わるようになっている。ハガレンのようにトップを走る長期シリーズと比べても遜色のない作品だと思う。

 



ジエメイの語る過去の話は単なる説明に終始していない。ひとつひとつの語りが意味を持ち、内容も深い。出来事同士が確固たる理由を持ってつながり、まったく不自然なところがない。特に白面の者に結界を張る理由は文句のつけようがない。

 



このアニメは間違いなく傑作になる。最終回が終わったら、絶対何度も繰り返し観る。両目から血を流しながらここに宣言しよう。

 



涙が溢れて溢れて、今では両目がゴビ砂漠よりカラカラに乾いてしまった。

 



ジエメイ :(

SR4-GatHell7




「ボールを握った手」を思い浮かべて欲しい。小さくてかわいらしい無害なボールだ。色は赤い。その手が握る力を増すにつれ、ボールは様々な形に変わっていく。次にその手は何度も繰り返しボールを壁に投げつける。目に見えてボールはへこみ、損傷の度合いが復元力を超えてしまい、もう元の形に戻ることはない。そして損傷がある一定値を超えた時、ボールから液体がほとばしった。透明な液体と真紅の液体だ。さぁ、これでボールと手が何を表しているのかわかっただろう。

そう、ボールは私の心であり、手はこのエピソードだ……。



https://www.reddit.com/r/anime/comments/3so5l8/spoilers_ushio_to_tora_episode_20_discussion/

http://myanimelist.net/forum/?topicid=1450331