Episode title: The Crossroads of the Pursuit ~Successor
mp4_000044523

Wow,今回、バス運転手は無事なようだ。


・いつも乗客は助かるが、運転手は死亡するか重症を負う。


・原作者は運転手が嫌いなのかもしれん。荒木飛呂彦が動物に優しくないのと同じように。




mp4_000074784


うしととらのOPを飛ばしたことはない。ただの一度もだ。




mp4_000198535
mp4_000199683


・うしお・ジョースターに改名しよう。


OH,NO!


・観終わった後、バスに乗って出かけようと思ってたんだけど、うしお君が乗り合わせてたらどうしようlol



 

・槍の扱いより先に、公共交通機関をいかにやり過ごすかを学ぶべきだな。


・でもうしおがバスに乗ったりすることで、こちらとしてはエピック的なアクションシーンを楽しめるんだよな。


・「とらエアライン」を使えばいい。燃費も抜群だ。はんばっが5個でOKだからね。




mp4_000338523


・俺のトライポフォビアが疼く……ギャーっ!

(※集合体恐怖症、穴ぼこ恐怖症)


・トライポフォビア仲間がいたか。嬉しいよlol



 

・あぁ、白い眼球妖怪に耐えられねぇ。


・体中が痒い。


Ohh 体を何かが這う感じがする!すんごい気持ち悪い.... :3




mp4_000417573
You guys will never be like him
うしおは槍に指名されたような奴よ
おめぇらはあいつみたいにはなれん
mp4_000444389
mp4_000446867

最後の伝承候補者はどんな子なんだろう。OPにいる鎌持った子ね。




mp4_000461952

・槍に対するシナジーパワーがどんどん強くなっている。


yeah、本当だね。


・映画「スピード」~ザ・妖怪ver:p




mp4_000484851


R.I.P 今回のバス君と数話前のバスさん。あちらの世界で楽しく過ごされますよう。


・君はバス福音伝道候補者の一人なの?




バス・デスカウント:2



 

バスが迫ってきてるのに道路に座り込んだままだなんて。




mp4_000508355
大丈夫?
mp4_000512132
Because I got on that bus!
俺のせいだ…
俺がバスに乗ったから
mp4_000534664

・乗客のことで罪の意識を感じるうしお。とても、とても辛いことだ。画面に飛び込んで、うしおの奴を抱きしめてあげたかった。


・「災難を引き寄せてしまう」という主人公の法則に気付きつつあるね。


・うしおはまだ純真なままだな。


・少年から男の顔になった時が本番。


・二回目もバスの乗車で事件が起きたってのが重要なんだと思う。妖怪と関わらない日常がこれまでの人生なら、妖怪に関わるのがこれからの日常であり人生なんだ。槍を持ってる限り、一般人と同じ日常は歩めない。そして皮肉なことに、獣うしおは人間うしおを救うことはできないんだ。




mp4_000562777
なんで俺が情けねぇんだよ!
mp4_000564973

・とらの顔。


・ドヤ顔、ニヤケ顔、怒り顔、したり顔、あきれ顔……

そろそろとらの表情フォルダを作成する頃合いか。


・やれやれ顔が一番好き。




・立ち直ったように見えても、精神ストレスはうしおの心を蝕んでるんだろうな。これにどう対処していくんだろう。
 

・基本的にうしおは感情豊かだけど、それにも増して感情が広がっていくことが嬉しい。少年ヒーローの多くは嬉しさと怒りの間を往復するだけに見えるけど、うしおはもっと複雑な感情を見せている。罪の意識、悲しさ、恐れ、そして母に会いたいという気持ちに付随する感情の側面(好奇心、後悔、子が親に抱く愛情が混ざり合ったもの)など。

こういったことがうしおの人間らしさを表現させ、より感情移入できるようになる。毎回降り掛かってくる問題を、ただ「男性的な態度」で解決しないところも好感が持てる。この点に関してもっと探求して欲しい。


・他の主人公勢よりうしおが好きなのは、まさにそういううしおの個性に厚みが出てくることだね。ただ、全39話でもう15話なんだよね。ストーリーの方が優先されるのは本当に残念。


・このアニメで唯一批判するとしたら、それだね。ペースが速過ぎると思う。プロットからプロットへ飛んでる感じがするんだ。中間が置いてけぼりになってるような。




mp4_000576777


・槍が浮かんだり飛ぶことができるなら、魔法のホウキみたいにまたがって飛んで行けばいいのに。

 



mp4_000603944


・なんで裸なの? o.O


・間違いない。バイアグラの多量摂取による中毒症状だ。




mp4_000655086
秋葉、兄さんに会ってない?


・なぜこれほど完璧なのか。キュンキュンする。


・いや~、この髪型はちょっと耐え難いものがあるな。


・このバイカー娘、映画「ラビリンス/魔王の迷宮」のデヴィッド・ボウイの髪型じゃないか。




mp4_000746171
行け!
mp4_000752481

・一撃で倒せる相手でも、初手はいつも負ける。槍が吹き飛ばされたり、自分が転がったり。


・うしおは攻撃より防御の訓練をするべきだな。毎回、新手の敵に殺されそうになってとらが助けるパターンになってる。


・実際、槍ってのはちゃんと掴んでおくのが大変な武器なんだよ。とはいえ、訓練する必要はあるね。特に戦いにおける工夫と想像力の訓練。もっと脳みそを使う癖を身につけなくちゃ。




mp4_000780575
君は私に勝てないよ


・新番組「悟と流」

 悟「私がお前を喰ってやるからねぇ(ニタァ)」

 流「はわわ」




mp4_000801612
mp4_000810680
Why are you having trouble
with that puny thing?
わしの喰いもんのくせに
こんなチンケな奴にもたついてんじゃねぇ 
 

とらがいなかったら、うしおは何回死んでたかわからんな。わりとまじで。



 

・「わしの喰いもんだから」というのはそろそろ口に出して繰り返さなくてもいいかな~。


・今のところは本気じゃない。その「宣言」がいつ本物になるかが見ものなんじゃないか。普段の口癖が本気になった瞬間、鳥肌が立つと思う。




mp4_000834855

4人の候補者の中で一番強いのになんでこんなに弱いんだ?


・感情的になり過ぎて自分をコントロールできてないからかな?

本人の意志で全力を出してるわけじゃないしね。元々、冷静な男なんだろう。


・とらと比べたら人も妖怪も弱く見えるよ。式神とやらも何でもないかのように破壊したじゃないか。




悟はうしおの仲間になった時に、そのスーパーパワーを発揮して欲しいな。




mp4_000846229


b!tchを大人しくさせる方法。


・妹の髪、ふわっふわね。


・Livin' the dream
sAGYEYA
(参考:直訳は夢に生きる、夢を実現させる。
一般的にも様々な場面で使われるが、ここでは兄貴キャラ/強者として妹キャラ/弱者をぶったりするなどの嗜虐的な快感を得たいという願望を指す。三次元では叶えられない夢を二次元に求めるという倒錯した欲望。※本来は人を勇気づけるポジティブで素敵なワードです)



mp4_000899561
まだ完全に操れぬか…


おおぅ。実は昨日、夢を見たんだ。腰回りにひどい吹き出物が出来てる夢。目が覚めたら、そこには8cmくらいの虫がいた。そして今回の悟の顔から出るあの虫だ。なんてこった。




Fate/Zeroがフラッシュバックした。




mp4_000948791
日本中の鏡はおんじに通じてんだろ!
mp4_000966487
げぇ! 獣の槍のガキと長飛丸!


日本中の鏡とつながっている→覗き放題。

映画「血を吸うカメラ」の元ネタはおんじかもしれない。




・目玉のじーさんは、ちょっとしたお馬鹿キャラなんだなlol


・ああいうキャラには毎回出てきて欲しい。




鏡の妖怪は漫画「鏡の国の針栖川」を思い出す。




鏡の老人はスピアフォビアだなxD




mp4_001026752
婢妖を人の頭から追い出すことはできん


・人間を傷つけないのなら、槍を本人にぶっ刺せばいいんじゃないのか?


・完全とはいかなくても精神的に乗っ取られてるし、肉体も物理的に変形されてる。「杜綱悟」と「妖怪」を半分ずつわけて切ることは出来ないと思う。特に脳機能は損傷受けたらただごとでは済まない。


・バスの時も妖怪ごと破壊したしね。取り憑かれた状態は特別なんだろう。


100%人間じゃないからかな。




mp4_001036839
and rid him of the hiyou there
お主がその人間の体内に入って
婢妖を葬るのだ 


うしおが悟の中に入るのか。

おっと、俺のことは気にしないでいい。続けてくれ。




mp4_001071155
you would become a true monster
お主は槍に全てを奪われ
本物の獣と化すであろう
mp4_001085237
お前は人に戻れなくなるやもしれんのだぞ
 

・あの赤い布切れを取っ払って槍の絶大なるパワーを引き出したら、本当に化物になっちゃうのかな。そういう展開が今から楽しみ。


・人間より獣の方がかっこいい。


・そのうしおを皆待ってる。


・最後にうしおは化物になって、それをとらが殺すんだろうか。




mp4_001121761
蒼月も命を狙われたんだ
mp4_001124570
知る権利はある
 

このバイクガイは、これまで観てきたアニメの中でトップ3に入るくらい好きなキャラになった。




mp4_001156097
mp4_001168578
いや…お兄ちゃん、怖い!
mp4_001182231
私はお兄ちゃんに「ありがとう」を言わなきゃならないの

・純は子どもの時「ありがとう」とお兄ちゃんに言えなかった。その時、78歳くらいだった。そして1820歳くらいの今、まだ助けてくれたことに対して「ありがとう」と言えずにいる。 純ちゃん、君は10年の間何をしていたのかね?


・これまでに何があったのかの回想を入れる時間がなかったからね。中途半端に挿入しても雑になるだろうし。ただ、一度言えなかったことって、言えないままズルズルと引きずってしまうものかもしれない。きっかけみたいなものがないとなかなか難しいんだよ。10年の間、純にはそれがなかったんだ。




mp4_001187830
来たな
mp4_001190203
 

体が休まる暇もないな。敵はどっからでも出てくる。




mp4_001242532
あたしにできるのは
お兄ちゃんを離さないことだけだもん!
mp4_001247251
お兄ちゃんに伝えたい事があるんだもん!
 

ONIICHAN yamero!!


・純、頑張ってその想いを乗り越えろ!


Yeah、新キャラの純は本当にかわいい子だ。この先出番がなくなっても自分だけはファンでいよう。純、元気出して頑張ってくれ。




mp4_001307147
私はもう駄目だよ
mp4_001316671
妹を、純を頼む
 

・自分がハーレムを築いていること、うしおはわかってないんだろうなぁ。


・未だ知らず、いや最後まで知らないままだろう。


・純で確か6人目のはずだ。


・今回はお兄ちゃんの許可まで得たぞ。


・実績が解除されました:ハーレム・ビルダー・ルート


・かわいい女の子だけじゃなく、ハンサムな男もトリコにするうしお。


・最後にはとらを選ぶ。それがうしおって奴さ。


・まさにポケモンだ、「とら、君に決めた!」




mp4_001322413

ONIIIIIIICHAAAAAAAN


noooooooooooooooooo 自殺はダメだって!


・杜綱悟、俺達はお前と出会って15分足らずだ。そんなに死に急ぐんじゃない。


・あの男の真似して崖から落ちたりしないように気をつけるんだぞ、皆。


err、ガードレールからクリフハンガーを落としやがった。


・文字通り崖から落ちて終わるクリフハンガーを久し振りに見た。


・これクリフハンガーなのかな?問題はあらかた解決したようだけど。


・そう?クリフハンガーに思えたけどな。鏡の妖怪を通して老天狗が言ったように、うしおが人間を捨てるかどうかの問題が、今半分化物になったような杜綱悟と絡んでくると思う。



 

・自ら命を断とうとするとは思わなかった。


・かわいそうなお兄ちゃん。あの瞬間、自殺する以外に方法がなかったんだろうね……でも、この危機的状況から救われると信じてる。陰陽の力で次回を見通したい。


・次回のサブタイ"Transformation"はサイコ兄のことか、うしおのことか。

うしおはあの兄を落下させない為に、何か危険な手段を取らざるを得ないんだろうな。それが主人公の役割だから。


・杜綱は死なないと思う。ここで死ぬんなら、わざわざEDで顔を残したりはしないよ。他の伝承候補者のようにうしおと絡んで主要キャラの一人になっていくはずだ。


・カーッ!陰陽の力が俺に教えてくれる。あの兄ちゃんはきっと生きるってな。




mp4_001332016


次のエピソードが待てないぞ:c




下品な例えですまない。うしおととらは、物凄いS○Xをしているような感じのアニメなんだ。もっと観たい!




おじさんの家に着くのはいつなんだろう。電話したりしないのかな。



Onii-chan心が刺激された良回だった。 




mp4_001417949


https://www.reddit.com/r/anime/comments/3o3s61/spoilers_ushio_to_tora_episode_15_discussion/

http://myanimelist.net/forum/?topicid=1436900


佐々木望 井口慎也
EMIミュージック・ジャパン 1993-04-07 

うしおととら 第2巻(全巻購入特典対象外) [Blu-ray]
畠中祐
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2015-10-28