うしおととら 第3話「絵に棲む鬼」
Episode title: The Demon That Dwells in the Painting 

 

・日本版ゴーストバスターズの始まりだ。

1437156275977
 

・『MUSASHI -GUN-』を忘れちゃいけない。




・この緑色の妖怪でスポンジボブを思い出すんだがxD

mp4_000088041


 

・今季で大好きなOPの一つだ。他は乱歩、がっこうぐらし!、モンスター娘ね。




mp4_000167771
その男と妖怪の戦いは4日と4晩続いた

 

4日間戦い続けたなんて信じられん。
こっちは1日の徹夜もしんどいというのに……アニメの視聴なら可能だけど。



 

・絵巻の長髪男は4日かかったというのに、うしおがすぐにとらをとっちめることができたのはなんでだ。


・エネルギーの補給なしに4500年閉じ込められていたから、弱体化しているんじゃないかな。


・しかも槍のせいで満足に動けなかったようだし。


・今はどこからエネルギーを補給してるんだ?

 



mp4_000208363
土に通じる扉は開くまじ
mp4_000210772
おかわり!
mp4_000212001
ええぃ、うしお!よく聞いとけよ!

・親父のありがた話と、うしおの飯食いから始まったんで、1話を再生してしまったのかと思わず観直してしまったじゃないか>.<

 



mp4_000217859
そう、断じて!
mp4_000242954
お前もな 

・なぜとらはこうもmoeなのか?


・とらはベストwaifuだから。

 



mp4_000262217

・グゥワァァァアアアンって擬音語が聞こえてきそうなうしおパパに笑いが抑えられなかった。すっごい笑ったxDDDD


・かわいそうなうしおパパ。

地下室が開けられ槍がなくなったと知った時の顔!


・馬みたいな顔だ。


・表情がドラゴンボールの武天老師のようlol



   

・ショックでズル剥けになってしまうんじゃないか?haha


・あれは命が尽きる寸前だ。



  

・とらをニュースで見たから急いで家に帰ってきたんだと思った。だけどあの反応はニュースを見ていないのかな? 例えニュースを見たとしても、自分で地下の扉を開けたことがなかったら、「獰猛な化物」がどんな姿をしているか知らないだろうし。

いやいや、でもこの場で地下の扉がどうなっているのか知ったわけだから、うしおに事の次第を問い正すだろう、うん。


・父ちゃんは何があったのかを瞬時に理解できるのかな。倉に入ってないのに全部を知ったように見えるけど。というか、あのショックの姿を事前に準備していたようにも見える。アヤシイナァ。




mp4_000267906
俺、絵ってすっげー自由でいいもんだと思ってるんだ!
mp4_000302424
俺、この絵好きだな
mp4_000304801
ちょっと暗いけどムードがさ…

・芸術に情熱が持てる主人公って良いね。


・妖怪と戦った後のリラックスタイムとして効果的な趣味だな。



  

・帽子被ってる男は浦原喜助、お前なのか?



  

・個人的にはこのダークな絵の方が好み。

 



mp4_000365121
やっば。3年の真崎さんだよ


・あ、はじめの一歩の梅沢正彦だ。




mp4_000378129
ひでぇな…
mp4_000386238
こりゃいい。笑いが止まらんわ!


・誰かが転ぶのを見ると、いつもあんな顔する俺lol


・うしおがボコられてる最中に、にんまりしてこっちを向くとらは最高だな。

 



mp4_000393798
なんなら殺してくれても構わない

 

・寄生獣のあの女の人を思い出した。
 



mp4_000474756
mp4_000477633
mp4_000486153
イテテテ・・・くそぅ
mp4_000489484

・とらの妖気に触れてよく爆発しなかったもんだ。



 

・綺麗に真っ二つだ:P


・運転手はどうなっちゃったの……。


・人らしきものは落ちてこなかった。


・実は誰も運転していなかった。あれは鬼の仕業だと思う。




mp4_000653684
mp4_000668377
かわいそうじゃねぇか!

・殴り合えば男はわかり合える。


・少年ルールブックの3番目に書いてあることだな。



 

・拳をかわす?そんな柔なことはしちゃいけない。
男なら顔面でパンチを受け止め、頭突きで倒せ!



 

・控えめな方法だが、美味しい酒を酌み交わして心が通じ合えることもある。



 

・頭突きはアニメのキャラがする一番かっこいい動きだな。
 



mp4_000697432
mp4_000707053

・この絵を描く父ちゃん怖すぎる。

子どもの時に目撃したらトラウマになってしまう。


・「逃げる」以外の選択肢がない。


 

・えっ……あの父親は、12歳くらいの礼子のヌードを描いたのか……。


・「お父さんのものだ」という気持ちがわからんでもない。



  

・礼子のお父さんは絵のスキルはあっても子育てスキルに欠けていたんだな。 




mp4_000712979
数日経って、親父さんは死んだ
mp4_000715609
それからだ。礼子の周りが変になるのは
 

・母親が去って、父親は気が狂って死んで、礼子は4回自殺しようとした……誰か引き取ったり、世話する人達はいなかったのか?


・そういう人達が「不可解な死」に巻き込まれてしまって、関係を持ちたくなかったんだよ、きっと。




mp4_000740013
礼子はいつまでも私だけのものだ!

 

・これがドーターコンプレックスの成れの果てなのか。


・ドーターコンプレックスを極めれば鬼レベル9999に達することができる。


・世界的に有名な「パパレーダー」。

これがあれば「プレデター」から娘を守ることができる。


 

・世間に過保護な父親がいるのは知ってるけど、これはその極致だな。


・ベルセルクのミッドランドの王だなと思った。
 


 

・こいつは赤オニ!

original (1)



mp4_000766636
俺、ダンスわかんないとこあんだ。教えてよ
mp4_000776706
さぁ!
mp4_000777557

・うしおが社交的に振る舞える主人公で良かった。シャイな主人公は食傷気味だったから。うしおだって年頃の男の子のように恥ずかしがることもあるだろうけど、少なくとも幼なじみ以外の女の子と自然な関係を築こうとしてるよね。




mp4_000783130
mp4_000785018
頑張れ、うしお

Yeah、他のキャラも魅力的だ。麻子の態度なんて清々しいくらいだ。


 

・この曲は藁の中の七面鳥("Turkey in the Straw")?! 

 



mp4_000837999
mp4_000843643
槍も持たんでパーかよ

・ダンスの最中、うしおは槍から完全に離れていた。

とらはうしおを本気で食べようとは思っていないんだね!?


・必要な時に呼べば槍は飛んでくるじゃないか。うしおが槍を持っていないからといって、そう簡単に襲いかかれないんだ。


Yeah、だけど竜巻の中にとらが入ったのは、うしおが槍を持っていなかったからだ。鬼の腕を切り落とす代わりに、うしおの頭をもぐことはできたんじゃないか?




mp4_000858889
その小僧を喰うのはわしだって言ってんだよ!

 

・お菓子を巡る兄弟戦争の時に言うセリフだ。

「そのお菓子を喰うのは俺だって言ってんだよぉ!」

 



mp4_000928094
やめろ!
mp4_000930803
槍よ、行け!
mp4_000932996

・あのスピードで槍が飛んできたら、落下時の衝撃と合わせて背骨が折れる。


・けものの槍は女の子に優しいのさ。




mp4_000939496
mp4_000942373
mp4_000974019
お前が一番辛い時に手を離したのは俺だ !
mp4_000975539
もう絶対に離さねぇぞ!

・コードギアスでこの構図を見た覚えがある。



  

・文字通り電光石火の救助だった。



 

・ケン(Ken)はとんちき野郎から最高の兄貴になってしまった。

また出番があるといいな。




mp4_001015656
mp4_001016492
mp4_001020420

・うしおの力が強すぎる。


・槍を使っている以上、100%人間とは言えない。

獣になりつつあるんだろう。




mp4_001026656
私、やっぱりこっちがいい
mp4_001031048
嫌だ、礼子…お前までも…
 

NTRたらdaijoubuではいられない。


・目の前でNTRたら誰だってこんな顔になる。




mp4_001111455
泣いて助けてくれぇっていやぁ、助けてやってもいいぜ
mp4_001121983
泣いて頼んでみやがれ!

・沈んでいく漢うしお「そんなもの、クソッタレだ」




mp4_001128080
mp4_001135626
mp4_001143595
ホントに腹が立つ!

・蒼月に構って欲しいんだ。なんてツンデレなんだこの妖怪。


・「食べたい」という理由で「しょうがねぇな~」って助けに行くとらが好き。


・食べてしまったら、友達がいなくなって孤独になってしまうだろ!



 

・とらアニメができるとしたら、それこそタイトルは「とらドラ!」しかあり得ん。


・大河が竜児を喰っちまうのか。

・それ以上のことを既に……なんでもない。 

 



mp4_001191621
mp4_001192976
mp4_001212686
けものの槍は化物を殺すための槍なんだぜ
mp4_001215659

・この瞬間、蒼月が本当に殺してしまったのかと思った。


・びっくりして10秒間くらい口が開いてた。


・心臓が止まったわ!


・貫く相手を選ぶなんて良い奴だな、あの槍。
 



mp4_001234267
mp4_001238271
お父さん…
mp4_001246094
幸せにおなり
mp4_001258156
mp4_001265904

・うしお父ととらで、ぶひゃひゃって笑い転げてたら、なんだこれ……重いよ……。



 

mp4_001286762
mp4_001292331
そうそうその顔!
mp4_001293697
その顔でモデルになってよ!
mp4_001297196
えぇ

・礼子が助かって、絵も俺の心も闇から光へと変わった。
 


 

・あまりにも美しくて泣いちゃった。
そして、バックでかかっている音楽も相まってハッピーな気分。

 


 

・絵の中で後ろのドアが開いてるね。



 

・礼子さんはタイプの女性かもしれない。

死相→笑顔→心配→希望の放棄→涙→幸せ……、生きながらに死んでた礼子が、死だけを振り捨てたことが何より嬉しい。またどこかで出てきて欲しいものだ。
 

original



mp4_001299775
mp4_001299965

・うしおー!
とらは頑張ったんだから、ちょっとかじるくらいはさせてあげようぜ。




mp4_001311005
それとか、さっきのカッコとか…

 

・礼子と賢一は、うしおととらの秘密を知る最初のレギュラーキャラってことなのかな。


・てっきり麻子が最初に気付くのかと思ってた。




mp4_001321760
うるせー!せっかく助けてやったんだから喰わせろ!


・「助けてやったんだから、喰わせろ」
これを口説き文句として使わせてもらおう。
サンキュー、とら。 



  

mp4_001418075

・次のサブタイを見るに、4話は楽しいエピソードになりそうだ。



 

・絵についての怪談話は好きだから余計に楽しめた。

 



・カードキャプターさくらのサイレントの話を思い出した。

 



・できれば、うしおピンチ→とら助けに向かうというワンパターンにはならないで欲しい。凄いポテンシャルを秘めたアニメに見えるんだ。パターン化したらもったいない。



 

・これからもクレージーな父ちゃんがいっぱい出てきそうな予感。

 



・誰もテレビのことに触れなかったのが不思議だった。
後のプロットに取っておくんだろうか。

 


 

・とらは俺のアニマルスピリット:D

3話は駆け足に感じたけど、全体で見ればよく出来た話だった。
 

・とら欲しい。

・食い殺す隙をいつもうかがうアニマルスピリットを探してるの?

 



・凄くダークなエピソードだった……。



 

・メインキャラに焦点がそんなにあてられてはいなかったけど、ストーリーは没入できるものだった。キャラクターも初登場とは思えないくらいすぐに馴染んだし、感情がほとばしるクライマックスに向けて展開が収束していく手腕は見事。



 

3話全体で、貞子を思い出したんだよね。
 



・楽しさが詰まったアニメ。

観ている間、馬鹿みたいにニヤけた顔してた。


・鬼父に苛まれ、計5回自殺を試みた少女を思い出してくれ…‥笑顔に溢れるエピソードだったね……。


:^)




・うーむ。アメリカのゴーストだけ世界的に見ておかしいんだよな。

com-resize



・1日1回90年代アニメ。ノスタルジーの補給に「うしおととら」どうだい?


・いいね!:) オススメは以下の通りだ。
 

1959: 少年猿飛佐助(映画) [東映]

1981: ダイコン・スリー(DAICON III )(短編) [ガイナックス]

1983: ダイコン・フォー(DAICON IV)(短編) [ガイナックス]

1984-2014: ジブリ映画

1987: 王立宇宙軍 オネアミスの翼(映画) [ガイナックス]

1988: AKIRA(アキラ) (映画)

1990: ロードス島戦記 (OVA) [マッドハウス]

1991: おたくのビデオ (OVA) [ガイナックス]

1993: 獣兵衛忍風帖 (映画) [マッドハウス]

1995: ゴールデンボーイ(Golden Boy) (OVAs) - ecchi

1995: 新世紀エヴァンゲリオン (TV + 映画) [ガイナックス]

1995: Ghost in the Shell/攻殻機動隊 (映画) [Production I.G]

1996: 天空のエスカフローネ (TV) [サンライズ]

1996: 鉄腕バーディー (OVAs) [マッドハウス]

1997: AIKa(アイカ) (OVAs) [スタジオ‥ファンタジア] - ecchi

1998: カウボーイビバップ (TV + 映画) [サンライズ]

 


 

・我々は、うしおの描いた礼子の絵という世にも恐ろしい「妖怪」をいつか見ることになるのだろうか(ぶるぶる)。



http://www.reddit.com/r/anime/comments/3dmm5f/spoilers_ushio_to_tora_episode_3_discussion/?sort=new

http://myanimelist.net/forum/?topicid=1406821


  


ソナーポケット
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2015-08-19