アルスラーン戦記 第9話「仮面の下」:海外の反応
Episode title: Beneath the Mask
290
882
アトロパテネの大平原に霧を起こして以来体力が戻りきっておらんでの
242
122
我が弟子達には引き続き
お主に力を貸すよう言っておく
パルスの太陽は
お主ひとりの為のみには輝かん


・あぁ~、魔法。やっぱり魔法なのか。

正直、魔法なしが良かった。なぜなら、プロット展開に不可思議なことがあろうとも、魔法の一声で片付けられてしまうことがあるからだ。


・ミドルイーストを背景にした物語なら、「魔法という不思議な技」は作品テーマとして重要。魔法を使うのは、たいていの場合、自然の理や神の法と対極にある邪悪な者共だ。その仲間や部下もまた悪いやつなんだが、中には頭のネジが緩んでいる滑稽な奴もいる。
 

アルスラーン戦記に魔法が登場しても驚きはしなかったが、戦場で直接使われるとは思っていなかった。魔法使いって、自ら動いて戦うのではなく、奇術や毒のようなお手軽とは言えないツールを使って勝負するんだ。おまじないや呪文の形で「魔法」が使われることもあるだろう。未来視、読心術、さらにはテレポーテーションもあるかもしれないね。そういう力の発想はイスラム神話の精ジン/ジーニーに依るところが大きい。


・魔法という概念はあってもいいけど、プロットの欠陥の埋め合わせとして使われて欲しくはない。Fate/Zeroが大好きなアニメなんだけど、これに出てくる魔術はどんな働きのもとに行使されるのかよく説明してある。

アルスラーン戦記でも魔法が主要な側面を占めるのなら、同じように適切な説明を入れて欲しいんだ。


・ミドルイーストの寓話にはよく魔法が出てくるけど、その仕組みは普通説明されない。とはいっても、神の祝福という一言で片付けられはしない。知識のある者が読み解くことのできる「不可解な知識」が魔法となる。英国、ゲール、ミドルイーストの民話に出てくる「魔法」はそういうものだ。


・魔法はゲーム・オブ・スローンズにも出てくるけど、ストーリーと上手く調和している。今回みたいに裏で暗躍する者の技としてなら、面白いプロット装置になると思うよ。


・ある程度制限してある魔法ならいいと思うな。


・敵に術使いがいても、アルスラーンにはファランギースがいるからね。ジンの言葉を聞くことができるが、その感覚は普通の人間にはない。この能力で後々敵の術に対抗するんだと思う。


・実際、魔法じゃないのかもしれないよ。自分でそう言っているだけなのかも。

結局、あの仮面男は「絶対唯一の神」を信じるルシタニア側にいるんだし、奴らの胡散臭さを考えれば自分がそう名乗るからって本当ということにはならない。
 

現実でも、魔法使い、魔術使い、祈祷師、あるいは奇術師と言われている人がいるけれどもそれは自分でそう主張しているか、そういう肩書のラベルを貼られているだけだ。
 

霧はまったくの偶然かもしれないし、事前にあの男は気象条件から霧が現れる確立が高いのを知っていたのかもしれない。あるいはなんらかの知識のもとにあの「霧」を発生させたのかもしれない。でも、これは可能性の話だから、本物か偽物かこの時点じゃわからん。


・ガンダルフがフロドのもとを去った理由のひとつは魔法が「便利すぎる」から。


・この男は霧を発生させたから疲れていると言った。

これが魔法じゃなければ、天候条件を計算することによって疲れたということじゃないか。そんな地味な理由はヤダlol
 

それと、カーラーンが死んだことも知っていた。メッセンジャーによって知らされたわけではなさそうだしな。


・おいおい、計算することがどれだけ脳を疲弊させるかわかっていないようだな。


・「霧を起こして」とは言ったが、魔法の言葉やそれに関する言葉を言ってはいない。


・これはファンタジーなんだぜ:)




409
 

DUU DIRI DI DI DIRI DIRI DI DI DI




122
 

・あれの廷臣はいつも大変だな。


・あの表情見てみろよ……。




043
 
 

・まぁ、なんて大きな赤ちゃん大人なんでしょう。


・どんな表現が適切が悩んでいたけど、スモモみたいな顔形だな、くらいしか思いつかなかった。


・この王はmoeでいいのか?

 



554
930
皇帝には皇妃が必要と世間は思っておる!


・王としての貴重な時間を割いているのに、タハミーネをゲットできないなんてlol

この調子だとタハミーネは結婚しそうにないし、しそうになってもあの大司教が妨害するだろう(奴にはできるだけ苦痛を与えてぬっ殺して欲しい)


・タハミーネの「魔性の美」についてもっと知りたい。


・ある意味、イノケンティス7世とギーヴって叶わぬ恋の成就という同じ問題に直面しているな。ギャグ度に関してはギーヴの圧勝ではある。

original (3)

・なんでタハミーネさんはしゃべらないの?


・君が彼女のようにセクシーだったとしよう。

取るに足らん男どもにくれてやるものがあるかい?


・なるほど。




938
 

・ボダンはすっっっごい嫌い。


・俺はまさにこの表情でボダンを見ているからね。


・こいつはサイコパスだ。
イアルダボート教はルシタニアのではなく、ボダンの「宗教」だな。




050
545
王立図書館に収蔵してあった1200万冊にも及ぶ貴重な歴史的書物を焼き尽くすべく


・おいこらボダン。貴様、人間は平等だが異教徒はそれに含まれないとは言ったが、巻物を燃やすのはその場の思いつきだろう! 怒りでどうにかなりそうだぜ。


・稀覯本、聖典の類、学術研究書、科学的/文化的に重要な書物を焼き尽くすボダンのクソッタレな所業は本当に頭にくる。*虚栄の焼却そのままじゃないか。

*ジローラモ・サヴォナローラ (Girolamo Savonarola, 1452年9月21日 - 1498年5月23日) は、フェラーラ生まれのドミニコ会修道士。フィレンツェで神権政治を行った。宗教改革の先駆と評価されることもある。次第に教皇国をも批判し、1497年には教皇アレクサンデル6世(ロドリーゴ・ボルジア)から破門される。贅沢品として工芸品や美術品をシニョリーア広場に集め焼却するという「虚栄の焼却」も行われ、市民生活は殺伐としたものになった。 wiki引用


・本はヤメテ! お願いだよ……。


・こいつは人だけじゃなくて知識も殺してる。


・これらの本はな、ボダン。テメーよりも価値があるんだ。


・聖なる無知って言い得て妙だな。


・疑問なんだけど、アルスラーンの世界では言葉ってどうなってるの? それぞれの国にネイティブの言葉があるの? でもそうだとしたら、ボダンは邪悪な異教徒の言葉を学んでいることになるね。




162
026
いかに異教の書とはいえこ、これほど貴重な書物を研究もせぬまま
594
210
火中に投じてよいものでしょうか?ですが医学書まで燃やすのは…


・イアルダボート教信者の中にも良心を持つ者はいるんだろうが、このボダンとかいう狂信者はほんとに神経に障る野郎だ。医学書が生命の役に立つかどうかを全く問題にもせずに宗教外にあるものは全部燃やすとは>:


・こいつは突発的な伝染病が起こったらどうするんだろう。
家も住人も何もかも燃やし尽くすのか?


・もしその医学書にエボラやエイズの治療に役立つことが書かれていたらどうだ。


・歴史の中で破壊された図書館について調査するという仕事をしているんだけど、ルシタニア兵が医学書を保存することを提言するシーンは1499年のグラナダであった焚書事件を基礎にしていると思う。ボダンと同じように燃やすことに宗教的熱意を見せていたシスネロスに、医学書の保存を提言する者がいたんだ。結果的に医学に関する書物は保存され、更にシスネロスは大学建設にも着手した。人生というのは紆余曲折なものだね。

フランシスコ・ヒメネス・デ・シスネロス(Francisco Jimenez de Cisneros, 1436年 - 1517年11月8日)は、15世紀のスペインの摂政・枢機卿。2度にわたってスペイン王国の摂政の座についただけでなく、スペインにおける聖職者の綱紀粛正を行い、異端審問所長官をつとめ、北アフリカのムーア人に対する十字軍活動を起こすと共に、キリスト教布教にもつとめた。文化面でも、コンプルテンセ大学を創設し、聖書の多言語対訳版を編集するなどの貢献をし、スペイン史に大きな足跡を残した。wiki引用

 
・他にも色々関連しているなって思った。

サヴォナローラ、トルケマダ、アレクサンドリア図書館を破壊した狂信者たち……。




882
黙れ!

 

・書物が焼かれているところで、イノケンティウス王は見るからに嫌そうな顔をしていた。実はボダンみたいな極端に狂信的な人間は全体の2割くらいじゃないかな。

そうじゃないのは残りの8割、これはマジョリティな数字だ。例えばエトワールは狂信というのとは違うし、ボードワンとかいうツルツル将軍もたぶんそうかも。そういう人間もいるだろうし、イノケンティウス王や娘(に扮したエラム)を裏路地に連れて行ったルシタニア兵、今回出てきた多くのルシタニア兵は表面だけ信仰を取り繕っているんだと思う。


・なんで王はあのカイジに対して黙ったままなんだ?


・一か八かのギャンブルみたいな不合理なものと戦って負けたくないんだよ。




538
病毒は神の杖となっておごれる者を撃つであろう!

 

・正直、デブ王は好かんのだが、この王には是非ともボダンをKillして貰いたいものだ。
書物を燃やすってのは、何よりも俺を激怒させる行為なのでな。


・相打ちでいいから消えてくれたら嬉しいなってlol


・王としては良い気質を持ってると思うぞ。パルスの財貨(略奪品も含む)だって自分のものとはせずに教会に任せるし、タハミーネも力づくじゃなくて会話から始めるし、王弟を邪険にすることもない。




690
邪心ある者は悔い改めよ!

 

・皆怒ってるみたいだけど、ボダンに笑ってしまったのは俺だけではあるまい。


・ボダンは確実に兵藤和尊の血を引いている。




・イアルダボートのため、ボダン大司教を表現するのに*ポーの法則を導入せねばなるまい。

*「皮肉で言っている」と言う作者の意図が明確に示されていない場合、「本気でやっている過激な主張」と「ネタでやっているトンデモ」の区別が難しいことを示す。主に2010年代以降の英語圏のWeb2.0界隈において、創造論などの原理主義や似非科学などを批判するブロガーの間で使われている用語である。元々は皮肉の目的で「ネタでやってるトンデモ」の書き込みをする人々(ポー氏ら)の間で使われた用語だったが、後に、原理主義者や似非科学信奉者の書き込みに「ネタでやってるトンデモ」を疑うレベルで過激なものがあることも示すようになった。wiki引用


・IS!Sは信用詐欺を長期間に渡って働いてるかもしれないねぇ。


・するってぇと、ルシタニアはIS!Sなのか?


・文化財の大量破壊を考えると、「そうだ」と言うしかない。


・ペルシアの敵はIS!Sなのか。


・政治話が好きなので、何が言いたいのかわかるぞ。

IS!Sという信用詐欺を作ったのは……。




586
162
あのボダンとかいう男、俺に殺させろ国王だの王弟だのはお前に任せる


・早くそれが実現しないかな。

これほどアニメのキャラが嫌いになったのはしばらくぶりだ。
ボダンが出るたびに猛烈な怒りが沸き上がるщ(ಠ益ಠщ)
 

・宣言通り、慈悲はなしで頼むぞ。


・俺にも手伝わせてくれナルサス卿。


・血が煮えくり返る。というか血が沸騰して燃えそうだ。
ヒルメスの気持ちが今ならわかる。

 



034
夜通しで疲れておろう。代わろう。


・そっちの方がギーヴはもっと疲れることになりやすぜ、タハミーネ殿  ( ͡° ͜ʖ ͡°)



 

original (1)
あ、あ、あ、何処へ?

 

・俺がホットなガールに話しかけようとすると、いつもこうなっちゃうんだ。


・ギーヴ犬はいつも尻尾振ってるけど、ご主人様には無視されてばかりだなlol


 

147
955
それに、二人で行動する方が心強い仕方ありませんね


・この瞬間、次のような展開を期待した。

エラムがアルスラーンを縛り付ける。もしくは気絶させる。ダリューンとナルサスが戻ってきて、これは何事かと言う。エラムが答える。「殿下が惨めな子犬みたいに付いてくるのを止めないのです」


・エラム x アルスラーンOTP(One True Pairing)



 

650
今の私は、ただの足手まといだ

 

・そうじゃないよって言ってやりたいけど、現時点でのアルスラーンは本当にポンコツだから黙るしかない。自分でも自覚していることだしXD


・頼もしいアルスラーンを早く見たい。



 

858
なんだお前?

 

・武人のヴァフリーズ老から剣技を教えてもらってたよね? どうして鍬??


・アルスラーンの剣を見せちゃうと問題になるかもしれないでしょ(金とか使われているだろうし、そこらにあるような剣じゃないはずだから)。

そんな「綺麗な剣」を子どもが持っているのをルシタニア兵が見たら訝しむに決まっている。だから近くにあった農具を使うことにしたんだ。


・カメラもテレビも、そして当然ネットもないので、いくら王太子とはいっても顔を知らない人間の方が多いだろうしね。


・それとこのシーンはアルスラーンの即座に物事を考える能力があることを示していると思う。子どもながらに聡明で、それがナルサスを印象付けたことの一つだろう。他にはエトワールとエラムの一触即発の状態を抑えたことかな。まだまだ純朴過ぎるきらいがあるとはいえ、外交のスキルが表れているシーンだ。



 

219
待て!


・エトワールも欺瞞のイアルダボート教によって盲目になっているようだけど、出てくるシーンのほとんどで善良さを見せている。

 



original (5)
イアルダボート神の御元で(申し開きできるのか?!)


・:v
 

・そうだねクロスしてるもんね、っておいヤメロ。




098
--あの時の甘ったれ坊っちゃん!
--あのルシタニア兵?!

・エトワールとアルスラーンの再開をずっと待ってた。

非常に満足だ。いつか二人は親友になりそうだけど、エトワールはある時点で死んじゃうかもしれないなぁ。




・9話の作画クォリティが急激に落ちている:c


・そう? 総じて見ればかなり良いと思ったんだけど。


・全体の予算があの戦いに費やされたんだ。良いことじゃないか。


・うん。魅せるところで魅せてくれたら問題ない。




com-resize
あいつら二本のねじれた角が生えて、
口は耳まで裂けて、黒い尻尾が生えていると聞いたぞ!


・エトワールとアルスラーンは似ているなぁ。立場は全然違うけどさ。エトワールが尊大な態度をやめて、アルスラーンの考えを理解し、旅に同行するようになったら、それこそがアルスラーンを最も成長させるだろうな。


・悪名高いアルスラーンが、実は優しく素朴な人間ということがわかって、同じような年で……そういう色んな事実をエトワールが知った時、アルスラーンは心の友が得られるだろう。



 

・アルスラーンxエトワールという目線で見てもらいたいのかな? 
もちろん賛成だけども。


・待ってくれ。我々は既にその組み合わせに合意したはずだろう?


・1話からカップリングしてるよ:3

 



066
586
「イアルダボート」とは元々古代ルシタニア語で「聖なる無知」の意味なんだ


・ダリューン。裏路地で痴漢に勤しむ不良みたいなことやってる。




490
923
パルスは異教徒だから差別していいのだ!イアルダボートの教えに従わぬ者に
819
593
存在意味はない!矛盾していないか?


・エトワールが「なんだと?」以外の言い返しをしてくれたらもっと面白かったのに。
エラムよ、空気を読んで1、2分遅く帰って来なさい。


・確かに。そこが最も聞きたいところだった。即座に矛盾じゃないことを説明する言い分を思いつくのは難しいだろうけどね。でも、アルスラーンが奴隷について考え始めたように、エトワールも自分の信じるものについて考えるようになるかも。将来、アルスラーン一行に参加する最初の布石と思っておこう。

(付記)まだエトワールが男か女か確実に示す描写はないよね?


・男、だと言いたいが、朴璐美以外の女性声優だから、うーん、どっちか言い当てるのは難しいね。


・男か女か……。

シュレディンガーのエトワール。

 



064
 

・なんたることだ、この顔。


・殿下、一体どうなされたので?


・天元突破グレンラガンのあのシーンをちょっぴり思い出してしまった。


・別に特別なことじゃない。
キャラがカメラから10フィート以上距離がある場合、ああいう「顔」になるんだ。



 

762
 

・アルスラーンのことだから、これ全部目を通すんだろう。
イアルダボート教のことをアルスラーンなりにどう解釈するのか興味ある。

 

このアニメは信仰と価値観をテーマのひとつとして掘り下げていっている。他人の意見が賛成できなくても、その人の考え、信じるものについて考えることは無駄ではない。だから、アルスラーンにしても「イアルダボートの聖典なんてもの」を読み、理解することは成長するための重要な要素になるだろうと思う。
 

それと、聖典を読むアルスラーンに対するファランギースの反応があれば是非観たいものだ。彼女の信仰心はまだ表面のことしか描かれていないし、イアルダボート以外の宗教も気になるところだから。



 

・ナルサスが「待ち伏せ」されているシーンの音楽がいいなぁ。

・岩代太郎。レッドクリフの映画とかテニスの王子様の映画を担当した。


・レッドクリフの大ファン。どうりで聞いたことあるような曲調だと思った。

 



721
やっぱり、ナルサスだ!

・敵に囲まれた時のナルサス:「油絵を描く時、人は俺をへぼ画家と呼ぶ。その意味がわかるか? 血の方が絵をうまく描けるということだ!」


・もしナルサスの剣の腕前を知っていたら、そのイカすセリフで敵は震え上がるね:D




426
 

・戦闘の作画が際立って凄い。


・剣戟の連続音が鼓膜をビンビンと震わせる。

鳥肌モノだぜ。


・肉と肉が激しくぶつかり合うような剣の応酬は観ていて興奮する。


・ダリューンの戦いはいつもまばたきできない!


・同じく。

 



106
おのれ、ダリューン!

 

・おや、お前ズーコ王子じゃないか!

久しぶりだなぁ。元気してたか?

original (2)
 

・ズーコか。ヒルメスにも姉/妹がいるのかな。

original
 

・自分だけかもしれないけど、銀仮面の悪役っぽい声は無理している感がある。たぶん、梶裕貴が10代の少年キャラの演技に慣れすぎていることもあるのかな。よく演技しているとは思うけど、声の質からいえば小野大輔の方がもう少し自然な発声で演技できそう。


・ダリューンと仮面の男が双子に見えたのはぼく一人ではないよね?


・yesssssssssss

 



402
225


・Woah! 銀仮面はダリューンよりも強いの?

ヴァフリーズのことで挑発された怒りのダリューンでも勝てないとは :O


・ダリューンは自分の業物で勝負してないんじゃないのか。


・怒ってるってことは冷静さを欠くことでもある。
ヒルメスは感情的な部分を効果的に攻撃したんだ。


・ナルサスの場合はそれで強くなりそう。

 



・道化者と聞いたので。
 

 original (4)



 

298
569
次のパルス王の世に宮廷画家を務める身だ
738
089
画聖マニの再来と人は呼ぶ誰が呼ぶか!


・他でもない俺がそう呼んでいる!


・夢を壊してくれるなよ。


・その内またナルサスの自己紹介が聞きたい。

ナルサスが演出するコメディは一流だからな。


・流石にヒルメスの前では真面目に名乗ると思っていたんだが宮廷画家とはlol 
このジョークは何度聞いても飽きることがない。



 

802
801


・いやー、ズーコ vs ダリューン + ナルサスは最高だった。


・ダリュナルのコンボのところが凄く好き。
それとこのアニメはタイマンの戦いがとてもよく描けてる。


・クワイ=ガン & オビ=ワン vs ダースモールと一瞬重なった。


・顔を隠しながら片手一本でダリューンとナルサスの攻撃に対するなんて!o_o


・ダリューンはこの大陸で最強の一人なんだろうが、これからの戦いでもっと強くなると思う。




513
762

逃げ足の速い奴らだ!


・ここの逃走はナルサスとダリューンに向けて矢の雨でも降らせていれば、もう少し緊張感が出たと思う。


・それは無理な相談だ。夜の町に繰り出したルシタニア兵たちは酔いつぶれているか、お楽しみの最中だったろうからな。

 



481
416
お前が来なければ危ない所だったそんなことはどうでもいい!
890
586
あいつ、俺をへぼ画家呼ばわりしたんだぞ!気に食わん!


・絵のことになるとナルサスは期待を裏切らない:p


・へぼ画家XD


・シリアスなシーンでもちょっとしたユーモアを忘れないナルシスいいなぁ。

 



266
241
ところで、あの男仮面は大義を隠す為だけか?
217
251
それとも他人に素顔を知られぬ為か?だが、いずれ決着を付けねばなるまい


・ダリューンとナルサスは仮面の男の正体について感づくかな。
火傷から類推できるだろうか。

 



 

s-FxMwD82

・1フレームだけ変わっている。

といいながら、このルシタニア王子の名前が思い出せない。
数話の間名前を聞かなかったらどんどん忘れていく。




553
口数の多すぎるカシャーンの城主は~つもりであろう

・カシャーンの城主が胡散臭すぎるんだが。


・この後ナニがどうなるのか予想できる。



 

033

・なんで終わらないといけないのか(ಥ_ಥ)


・待つの疲れたよぉTT ^ TT

・一週間は長い。

 1430018342887s




・現代で起きているコトがたくさん頭にちらつくなぁ。

身の安全のためにこれ以上は言わないほうがいいよね。


・シーッ、静かに。じゃないとIS!Sが君のところにやってくるかもしれないからね:3



http://www.reddit.com/r/anime/comments/37xwdx/spoilers_arslan_senki_episode_9_discussion/?sort=new&ref=search_posts

http://myanimelist.net/forum/?topicid=1389311&show=0