アルスラーン戦記 第2話「十四歳、初陣」:海外の反応
Episode title: Age Fourteen, Maiden Battle
mp4_000232894
mp4_000246355
mp4_000248290
mp4_000249888
mp4_000252063
mp4_000253599
mp4_000255486
mp4_000257047


・わー、名前がたくさん! 騎兵隊の形態も、階級もいろいろあるね。
集中して観てたけど、アニメ初見の人はなかなか覚えられないかも
:P


・原作は「銀河英雄伝説」の作者と同じだからね。あれも登場人物が多かった。でも、1話毎に各キャラのハイライトシーンが織り込んであって、不思議と名前を覚えるのに苦労はしなかった。アルスラーン戦記も同じように各キャラの魅力あるイベントが用意されているはずだ。観ている内に、いつの間にか記憶に残るよ。


・大部分は死にそうなんだよね(あるいは出番がない)。
無理して最初から覚えようとしなくてもいいと思う。


・シャプールはロイ・マスタングにそっくり。



  

mp4_000303834
 

・しかし、なんという違和感。白髪で大きな青い目をした少年が、男たちに混ざって戦場に立つ。アクセルワールドでも小さく太った少年がいて、彼だけが別世界の住人みたいに目立っていたけど、そんな感じだ。


(リガ-ラトビア)

そうかい? 
支配者側(王族)とその同国人の外見が違っていることなんて歴史ではよくある。


例えば、ロシアの統治者はスラブ起源じゃない。
そもそもヴァイキング(リューリク)だった。ヨーロッパでは、諸王朝は利益を優先して、互いに横のつながりがあったし、時代を下れば、ロシアの統治者は中央・西ヨーロッパの王朝と深い関係を持つようになった。

エカチェリーナ2世なんてロシアの女帝だが、ロシアの血はまったく引いていない。
ニコライ2世とジョージ5世は別々の国の統治者なのに従兄弟関係にある。

アルスラーンみたいに外見ががらっと変わっている王族がいてもおかしいことではない。


・アニメだけに限って言えば、こんなにかわいくて純真で、男気から離れたアルスラーンがたくさんの経験を積んで「一人前」に成長していく過程がこれから描かれるんだよ。いまはまだ成長前だから、外も内も場違いな印象を受けるが、これが戦場に立つに相応しい「王」へと変貌を遂げた時、また違ったアルスラーンの姿を私達は見ることになるだろう……、という期待を込めて楽しもうじゃないか。



  
mp4_000543985
お言葉ですが、あり得ることです!

・一級品の眉毛。ダリューンは漢の中の漢だ。


  

Arslan Senki - 02 - Large 11
 

・王の味方をするわけじゃないが、ダリューンの進言より、偵察の兵士の方が信じられるんじゃないか? 公平に見る限り、単なる予感と実際の報告だと後者を取るだろう。

 



mp4_000787918
はい、剣にかけて。 
 


2話で確信した。

ダリューン x アルスラーン(ドリームカップル)
これがアルスラーン戦記で何より伝えたいことだ。

「剣に誓う」……、ダリューンの「」……ふーむ。




mp4_000798739
お前にだけは、殿下のお味方であって欲しいのじゃよ。
 
 

・ヴァフリーズは、アルスラーンがパルスの王室に連なるものではないことを仄めかしていた。アンドラゴラスの息子ではないんだ。でも、誰か重要な人物の息子ではある。
うん、ヴァフリーズはアルスラーンの孤独について言っているようにも聞こえたが、言明したように外見をこそダリューンに尋ねた。そして王室ではなく、殿下個人に忠誠を誓え、と。


・明らかにパルス国内での権力闘争が存在しているだろう。やっぱりゲーム・オブ・スローンズを思い出す。国家転覆の機会を虎視眈々と狙う裏切りの王妃。順当に考えれば、現国王を失脚させるためのアルスラーン王太子なんだけど、王妃が今の体制を壊すための(そこにアルスラーンの実の父親が絡んでいるとしても)目的だけは今のこところは考えようがないね。

ダリューンの叔父はその辺の実情を知っているだろうけど、アルスラーンを現パルス国の玉座につけるよりも、より良い(一個人の)人生を歩んでいくことを願っているように見える。


・王妃のロングドレス姿も、何らかの理由であの格好をしているんだろう。


・王妃の髪色が白でなくても、先祖の誰かがそうだった場合、理論的には、こどもに白を指定する髪色の遺伝子コードが受け継がれることはあり得る。


・両親が金髪だと、こどもは黒髪にはならない。

が、両親が黒髪(その場合、金髪は劣性対立遺伝子であること)であれば、こどもが金髪になることはよくある。

 


  

Arslan Senki - 02 - Large 17
 

(ハンブルグ)

「我が軍勢」が勝利の根拠。

あの王は戦術も何もあったもんじゃないな。

戦術・戦略の天才を用意してくれ。


(オクラホマシティ)

そのゴリ押しで今まで勝ってきたんだろう。

我が軍の圧倒的な数の前にひれ伏せガッハッハてな感じで。


(デンマーク)

更に重騎兵が揃ってるから、進むだけで蹴散らせるしね。


・敵はまさにそこを突いて罠を用意したんだ。

重騎兵は急には止まれないから。



  

mp4_000975460
 

・(溜め息)どう見たって罠じゃないか。

でも、自信過剰の王は臣下の言い分を聞かないものだからな。


>どう見たって罠

そうだな。アルスラーンはかわい過ぎるもんな。


・王は、ダリューンの話は聞いていた。ただ、間違った方に耳を傾けたというだけだ。


・エクバターナに退けば、その退いた分だけの領土で強姦や略奪が起こっただろう。


・数千の軍を守りにつかせてもいいし、少なくとも霧が晴れるまで待機しても良かった。
どうして全軍突撃なんだ?


・平原だからだ。障害物がないところで数に勝るものはない。

今回はそれを覆すものが敵にあったんだろう。


・そもそも霧だと、お馬さんの働きも鈍っちゃうのに。

 


 

mp4_001014803
 

・これは溝というよりは渓谷に近いんじゃないかな? 掘ってつくった罠なの? 

人間業じゃない。


・巨大過ぎるよね。
パルスの偵察の目をかいくぐって、どうやって掘ったんだかわからん。

 


 
Arslan Senki - 02 - Large 23
 

・戦いの凄惨さをかなりちゃんと描いてくれて嬉しい。次も戦いが詰まってわくわくするような展開だったらいいな。まだ完全にはあの戦いは終わってないみたいだから。

 



mp4_001267905
ほぉ、ここにおられましたか。

1.パルス軍は戦争で敗北したことがない。(それが逆に紛争の原因になり得る)

   2.突然現れた霧。

   3.罠が待ち構えていること、そして裏切り者がいることを予感したダリューン。

なんとなく怪しいと思っていたが、本当にパルスを裏切ったことでカーラーンが憎くてしょうがない。


・俺はあのヒゲを見た時にビビッときたよ。

あんなヒゲをしている人間で、心根が正直な奴は古今東西見渡しても絶対に存在しない。


・確かにあの捻くれたヒゲは怪しさ満点だった。


・前回逃した捕虜のこどもが案内役をつとめて、ダリューンはそのことを考えているのだと思ってた。カーラーンだったか。


(シアトル)

単騎で偵察に行ったあの時だ。カーラーンの野郎が手引きしやがったのは。

 


  

・茶化すわけじゃないけど、あの突撃~崖から落ちる一連の流れを観て、ザ・シンプソンズの映像がちらちら頭をよぎって仕方なかった。だって見てくれよこれ。

tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co1_500tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co2_r1_500tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co3_500tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co4_500tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co5_500tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co6_500tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co7_500tumblr_nmoxp56qOF1tbeq5co8_500
 

 

 





























・アルスラーンが好きになってきた。大国の王太子にしては臆病も度が過ぎると思っていたが、いやはや、勇敢な子じゃないか。主人公のいろんな面が見られるのはいいこったね。


・アルスラーンは14歳だぞ。歳相応の振る舞いだ。恐れを知らない、無双する現実離れした少年が主人公のアニメが多いからね。感覚が麻痺しているんだよ。アルスラーンは「愛と平和」を謳うタイプの人物だろう? 王みたいに"yashasuiin! yashasuiin!"言い出すところなんて見たくないし、似合わないよ。


・でも、ファンタジーもので王太子ともなれば勇敢な場合が多いよ。
民のためにタフでいる責任が最初からあるからね。



  

 Arslan Senki - 02 - Large 38


・ダリューンは呂布みたいだ。


・呂布よりは趙雲に近い。


・いや、周泰だ。黒騎士的に。

original
 

・次エピソードのダリューンは(劣等生の)達也レベルであの哀れな敵をボコボコにするのかな。


・槍使いかと思っていたが、剣も使えるとは素晴らしい。
ポスト・ローマ期以降の戦争は乱戦が主で、剣が活躍した。
槍は距離を取るために隊形に注意しなくてはいけないし、一旦陣形が崩れたら
役に立たんのだ。

 


  

・うーん、興味深い。ペルシア国が隆盛を極めた時代、西のキリスト教国はまとめて「異教徒」とか「野蛮人」扱いだった。一方で、中東の軍隊は最も洗練された(とされる)ものだった。もちろん、文明国には奴隷がいた。(今日の我々からすると野蛮なことだね)

もっと時代を遡れば、今度は古代ギリシアの都市国家が文明を極めていた。当然、そこにも奴隷はいた。文明の進歩の裏には必ず奴隷の存在があったんだ。


・いずれにしても、初期のキリスト教国は「文明化」された地域とはとてもじゃないが言えないね。(今回の戦いは十字軍の遠征のようにも見えるし、その場合、ルシタニアは「青の」テンプル騎士団といったところか)

当時は、中東~中国の周辺地域が科学と文化の先導国家だった。
あぁ、モンゴル帝国が割り込んできたりするのかな……。

 


  

Arslan Senki - 02 - Large 28
 

・ダリューンはアルスラーンの成長の機会を奪っているぞ。

こんなことで、どうやって成長しろと言うんだ。


・アルスラーンは戦わせたらすぐに死にそう。ゲームでは役に立たないな。


・いやいや、少なくとも11の戦いで勝ったじゃないか。


20章近くまで進めないと活躍しないんだ。

まぁ、ロイみたいなもんだよ。

(*ファイアーエムブレムの話をしています

 


 

私はペルシアの血を引く者だ

このアニメはペルシア帝国に関連した要素が多く見られる……既に言及されているかもしれないが、テーマの素材として私達ペルシア人の間で広く知られている英雄叙事詩*『アミール・アルサラーネ・ナームダール』が使われていることは疑いない。

これはもう指摘されているが、私もカーラーンのヒゲで、こやつは背信行為を働くに違いないと寸分の迷いもなく確信した。その通りになった。


(*「名高き王アルサラーン」の意。ペルシア語:
امير ارسلان نامدار ,"Amir Arsalan-e Namdar"表記はウィキ引用)


・(ごくりとつばを飲み込む)
その古い伝承が言うように、は大きな青い目と白髪が特徴の女の子のような人物だったのか?

mp4_001418639

 
・「女の子のような」がホントになったら、おどろ木ももの木さんしょの木じゃないか? 最終話のエンドクレジットの直前で「実は……」というビッグな秘密が明らかにされたら視聴者一同、雲の彼方へぶっ飛ぶぜ。(ちなみに俺のアレもビッグになる)


・アルスラーンとヘスティアをクロスオーバー(ジャンルを越えて混じる、の意)させてくれないかな……。


・ダリューンがなんと言ったか。アルスラーンは王より王妃に似ていると言ったんだぞ(ぐへへ)。


・しかも今回のサブタイは
Maiden Battle(初陣)だぞ。

・だが、だが……アルスラーンは男だ。

EDで騙されそうになるが、それでも、アルスラーンは男だ。


・あの笑顔を守るために、この命をかけよう。


・かわいいってことが一番大事だろ! 

少年か少女かってのは重要なことなのか?なぁ、おい。


・ここはアルスラーン x ラクダで手を打とう。

 


 

・二話続けて良く出来てる。あの愚かな王を除けば、不平不満はない。霧状の戦場において、敵の数をファクトチェック(事実確認)できないのは誰でもわかることじゃないか。何が潜んでいるかもわからんのに、藪を棒で突っつく阿呆は始末に負えない。アンドラゴラス王は「*リーグ・オブ・レジェンズ」で学習するべき。

 
(*League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)は、Riot Gamesが開発したWindows用のチームストラテジーゲーム、Defense of the Ancients型のゲームである。引用:ウィキ

 


 

・本当に面白い。戦いのスケールを考えたらCGなんてどうでもいいや。これってファンタジー要素が入ってくるのかな。1,2話は現実的な描写で楽しめているんだけども。

 


 

(ドイツ)

王の前で耐えるダリューンかっこいい!

それに比べて、カーラーン! あの裏切りの薄汚いドブネズミ野郎め。
あぁ、三人の少年は悲しいね。全員、殿下のために命を散らせてしまった:C


叔父の言葉にびっくり。
アルスラーンが王の息子じゃないとすると、王妃の不義のこどもなんだろうかo.o

 


 
Arslan Senki - 02 - Large 39
 

(アメリカ)

ダリューンの知性と忠誠は本物だ。

アルスラーンは自分の身を守るためとはいえ、本当は殺したくはなかったんだろう。

 


 

(シカゴ)

OVAもここから始まった。懐かしい感じだ。

戦争を含めて人物描写が気に入った。特にアルスラーン。生きながらに燃える兵士たち、初めての殺生、少年たちの死……、そこでの感情の混乱はよく伝わってきた。カーラーンの裏切りはOVAで知っていたけど、こいつはホントにもう……。ああいう目とヒゲをした男は信用してはいけないね。トラブルに自ら飛び込むようなもんだ。

mp4_001237042

またアルスラーンのことだが、裏切ったカーラーンに対する反応、そして不利と理解しながらも、剣を取って戦う姿勢を見せる彼は大好きだ。もちろん、ダリューンも大好きだ。信念に基づいた行動、生命に代えても殿下を守ろうとする忠犬忠義の士。アルスラーンの兜の下、下卑た笑いをしていた男の首を無表情で切り落としたところは最高にカッコ良かった。


 

(フランス)

ペルシア風の名前がたくさん出てきた。翻訳のリストが欲しいところ。

こういう実際的な戦いのアニメはなかなか見ないね。まだ「銀河英雄伝説」の血みどろの戦いには及ばないけど、パンチの効いた戦いだったのは確かだ。

Arslan Senki - 02 - Large 37

アルスラーンは好きだよ。怯えが混じってヤケクソな戦い方だったけど、諦めずに立ち向かった。ただ、彼は戦士というよりは、人を動かす立場にあった方がいいだろうね。今後、どんな役に育っていくのだろう。

 


 
・このアニメ、「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」を思い出すわい。

 


 

・(個人的に)一通り今季のアニメ観たけど、アルスラーン戦記が飛び抜けて面白い。
アニメ放送前に漫画は読んでいたが、アニメを観て更にドハマりした。

UVERworldOPと藍井エイルのEDは聴き応えがある。


動いているアルスラーンの面々を観ているだけでも嬉しい。
だけど、物語は始まったばかり。まだまだ序盤だ。

ペルシア神話に基づいたプロット周りには心を鷲掴みにされた。

ただ、古代の帝国と中世ハンガリー王国が、十字軍運動に沿いながら戦争しているのが、変な感じ:D

 


 

・アルスラーン戦記って何エピソードあるの?

それと、アルスラーンは旅の途中で「時間の砂」と「時間のダガー」を手に入れると思う?


(「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」映画ゲームがある。リンク先はウィキ
)


・たぶん、13話だろう。


・違うと思う。日5という時間帯(17:00)を考えたら(つまり、マギ、七つの大罪、ハイキュー!!、その他)2クールはあるはずだ。同じようにアルスラーン戦記は24/25エピソード構成だろう。

・漫画は連載中で、アニメ放映中に新章に入るはずだ。漫画は小説に準拠しているから、アニメが漫画を追い越すとしても、ストーリーはどちらも同じだから小説を参考にすればいい。いずれにせよ、アニメオリジナルの展開を挟まなくてもストックはちゃんとある。


・荒川は漫画の前に、アニメに先ゆく形でキャラデザを発表している。
(今回登場した万騎長たち)

marzbans

アニメが漫画を追い越すことは了解済みなんだ。
だから、アニメのための絵コンテづくりは荒川が担当すると思う。


・自分は荒川弘の名前を見なかったら、このアニメをスルーしていたかもしれない。

 


 

mp4_001485088
 

・最後の田中さんのメッセージは……なんだろう、ちょっと笑ってしまった。

 


 

・我慢してたけど、言わずにはいられない。

ヤシャスィーン(Yashasuiin!!!!!


・イラン(ペルシア)の人いたら聞きたいんだけど、Yashasuiinって言葉はあるの? 
造語なの?


・ぼくイラン人。その意味に該当する言葉はYa hossein
يا حسينのはず。
でもこれはイラン語ではないよ。ムスリムの予言者のひとりで、しかもアラビア語だ:|

そしてこのアニメの時代は彼の生まれる前だ。あわわわ:))))


イラン語(ペルシア語)では……、hamle
جهش در だとかそんな感じかな。
アラビア語イラン語(ペルシア語)は一緒にしないでね:D

 


http://www.reddit.com/r/anime/comments/32bgc2/spoilers_arslan_senki_episode_2_discussion/

http://myanimelist.net/forum/?topicid=1372639


  

アルスラーン戦記 チャームストラップ ダリューン ラピスラズリ(期間生産限定アニメ盤)