結城友奈は勇者である 第8話「神の祝福」:海外の反応

2
・勇者である、というのは苦しむことなんだ。

 

712
・バッドエンドだった ;-;

 

13
20
・魔法的な戦闘はかっこいいと思ってたが…、
そのためには身体の機能を代償にしないといけない?ゾッとするよ o_o

40
 
・彼女たちが「ささげ物」(offerings)にすぎないと知って悲しい。


27
29

・園子の姿には不意をつかれた。

神樹様(Shinju-Sama)は日本の神として最悪だ。

 

46
Jeez... かなり悲劇的だった。犠牲となって、最終的にすべての身体機能を失う。

ベッドの園子が外にいる描写は変な感じがした。彼女は寒さを感じないのか?


・満開によって神経系もやられたんだろうね。


・痛む感覚すらないのか…


43
・これで東郷が勇者であったという予測は確認された。
園子と一緒に「わっしー」って名前で戦ってたんだ。
その記憶がないので、名前を変えた。それは自分自身で選んだんだろう。


そして、満開によって新しい精霊を得るというのも確認された。
東郷は今4体の精霊を持ってるが、過去に2回、現在に1回の満開をしたからだね、
(新しいのは満開用の精霊)


この調子だと、夏凛をのぞくみんなが園子のようになると思う。
夏凛が次の「東郷」になるんだ。


疑問がひとつある。東郷が経験を持つ人間だとするなら、
なぜ今の勇者部で風が最初に大赦から連絡を受けたんだろう。


57
・回想でなんかあったな。
大人が訪ねてきて(大赦だと思うが)、両親の死を知らせた。
勇者になったのは風が自分で選んだことだと何回かほのめかしてるシーンもあったと思う。両親のための復讐か、あるいは生活を大赦に保証されているので恩返しのつもり…かな。


62
・園子は自分が半神であると言ってたが、
そうすると、どうして三番目のメンバー(三ノ輪銀)は死んでしまったんだ?

みんな最終的に(動けない)半神になって「隣」にいるんじゃないのか?


・↑同じことを考えた。勇者って死ぬものなのかな。

 

 ・現実に置き換えると、これは脊髄損傷のようなものだ。
回復のために、微小な奇跡が期待できる。失敗の確率も多いが、希望は0じゃない。
前向きな展望を見据えることはできる。
ただ、身体障害の精神的負担は楽観視できないことも確かだ。


b6aj4g
 
・東郷ちゃん(Togo-chan;___;

記憶を失った過去に、いったいどれだけ苦しんだことだろう。

 

・まどかエンドになりそう -_-"


・でも、主人公が犠牲になって世界を戻すっていうのはすでにやったことだからね。
まどかを真似ても意味がない。それよりも、勇者チームとして全員が協力して解決の道を探すことだ。友奈ひとりに背負わせるのではなく、チームでやり遂げるんだ。

 

・こういうプロットに行き着くだろうだというヒントはあったし、
上げて落とす展開の仕方はこれに始まったことじゃない。


8
話の進行は淡々としたものだったが、
それだけに静かな盛り上がりというものを心に感じた。
特に寝たきりの女の子が友奈に真実を語り続けるその様は、
見ていて悲しいものだった。


9
話以降はさらに物語がヒートアップすると思う。
残りのエピソードでどう落ちをつけるのか、
これがオリジナルアニメの腕の見せどころだ。


・必要な「絶望」だと思う。
それがあるから、日常への希望が輝くんだし、大切に思えるんだよ。

 

35
・温泉回のとき、バーテックスすべてを倒したことは疑問に思った。
他の勇者グループと同じように、その一角を退けただけなんだろう。

4話ほどの残り話数を考えると、敵はまだまだいるに違いない。

 

・ベッドから動けない少女を見て、とても心が痛んだ。

人間として無力になることは、死よりも悪いかも知れない :(


・園子は自身の身体の囚人みたいなものだ。生き地獄。

クィンテット(友奈たち)にもこの地獄が振りかかるのだとしたら失望するしかない。

失った身体機能を回復する手立てを見つけてほしいが、
そのために誰かが生贄になる終り方はしてほしくない。


・多くの人が予想していたことだ。でも、この展開はちょっと残忍。

宗教システムを確立するために、厳かな「儀式」を求める。
その犠牲に少女たちが身体の機能を差し出して、
永遠の植物状態となることで、システムの一部として機能する。
「世界を救うため」という大義名分を持ち込んでるんだ。
 

そして、咲き誇った花は散りゆくものということで、
花のモチーフとテーマが説明されたね。

 

・いろいろと感じるものがあり、プロットデバイスもいい具合に機能していた。
このエピソードで「ゆゆゆ」の評価はぐんぐん高まったよ。

 

;_; くそぅ、ちょっと泣いてしまった。

 

・夏凛がどんな犠牲を払っても満開をしないことを望む!

より大きな力を手に入れるには、それに匹敵する代償が必要である。それは正しい。
でも、だからといって神樹様が「善なるもの」とは思えない。


63
・基本的に神様(god)はくそったれなものだ。

友奈が満開を使い切る、最初で最後の勇者になる気がする。

このエピソードでそうする理由を見つけたし、
失った味覚もおそらく彼女の考えでは他人よりマシなものだと思っただろう。


東郷を慰める友奈は母のようでいて、冷静に物事を見ている。
心優しい彼女だから、仲間に先立って自分が戦おうとするだろうね。
なんと不憫な娘なんだろう。


79
・エピソード6,7でも友奈はずっと仲間を励ましていたよな。


・勇者数の補完として再び東郷を選ぶ神樹様は十分に残酷だよ。


・残酷なのは勇者システムだ。


・夏凛はまだ満開を使っていない! まだ救う手立てはあるはずだ。


80
・まだ楽観的にとらえてる。だって、友奈の心は挫けなかったからね。
あの話でも友奈を屈服させられなかった。ハッピーエンドに向かう良い兆候だよ。
あと4話ほどだが、ショック療法のために夏凛をむざむざ死なせる展開にはしないだろう。

 

・このアニメは過小評価されてると思う。

「ゆゆゆ」のPVのときに、掲示板では「日常系」のタグがつけられていた。
それを参考に1話を見た人はびっくりしただろうね。

「待てよ、俺は何を見てるんだ?」って。
それでも「日常系」ってイメージの先入観は強かったんだろう。

それに、日本ではウェブ小説や漫画で「ゆゆゆ」の前日譚が発表されたりして、少なくとも和気あいあいに終始する物語ではないってことがわかる人も多くいただろうが、日本語が解らない我々は前評価に踊らされることとなったんだ。

 

・疑問がいろいろ浮かんだ。


バーテックスが神樹様によってつくられているとしたらどうだろう? 
神樹様は滅びを望んでるのだとしたら?(魔法騎士レイアースみたいに) 
 

結界の弱い部分をつくる理由は戦術的なものだと言っていたが、
それがまったく反対の理由だとしたら? 


勇者が人間性を失ったとき、それは神樹様に変わるのだとしたら?

乃木は自分を半神(half god)のようなものだと言っていたが、
それは完全な神になる可能性もあるのではないか。


そもそも神樹様がどうやって誕生したのか。
おそらくは生贄となった最初の少女なのだろうが。


・↑鷲尾須美(Washio Sumi)のラノベを読むんだ。

 

 

・びっくりするエピソードだった :O

心を動かされた。壮大な描写! あの絶望!!

園子の話を聞いてもなお戦うことができるのか?


本当に二度と感覚機能を回復できないのか?

樹はシンガーになれない? 友奈は味覚を戻せないのか?:(

 

73
・乃木園子(Nogi Sonoko)との会話で流れていたBGMは、本当によかった。


・サントラは衰えを知らないらしい x_x


・エピソードもサントラも美しかった ;_;


・美森が園子の涙をぬぐったときの音楽で、俺は滝のように涙を流した。
うん、むせび泣いたんだ。

 

・泣いた。ハッピーな魔法少女ものではないとわかっていたけど、これはきつい。
彼女たちも苦しいだろうが、わたしも苦しい。

 

・キュゥべえが契約する女の子を探すために大赦をつくったように思えてならない >_<

 

・真実を知った友奈たちは勇者の資格を取り上げられたりはしないんだろうか。
大赦はそのまま続けさせるのか?

 

・サンクスギビングの贈り物としては、もっとも最悪なものだった。
でも、大赦たちの動向がおぼろげながらもわかってきた気がする。

 

・劇的な終りだったな :/

グッドエピソードってのはそういうものだ。

次を楽しみに待とう。

 

・東郷に別の意外な事実があって、それが回復の道へとつながるといいな。

 

http://www.reddit.com/r/anime/comments/2nlnz1/spoilers_yuuki_yuuna_wa_yuusha_de_aru_episode_8/

http://myanimelist.net/forum/?topicid=1314847&show=0