ローリング☆ガールズ 第3話 「英雄にあこがれて」

・ファバロ?

9skGGVS

・ファヴァロォォォォ!!!


・カイザァァァァァル!!!


・↑そう思ったのが俺だけじゃなくて嬉しいよ。

 

・奇妙キテレツな背景だが、これぞ東京って感じがするね。

WkTKF5n

・アキバ風に描いたんだろう。東京ってのは活気があって、店と品物がぎゅうぎゅうに詰め込まれた最大の文化的拠点というイメージがある。そのなかでもアキバは一風変わった土地柄みたいだから、「いろんな」人間が集まってくるイメージとしてぴったりなんだろうね。


・そうか。アキバっぽいのか。なるほど。

・↑現代の日本文化を知るにはコミケは外せない。コミケというのは永遠不滅の魔宮であり、そこでは誰もがコスプレを強制させられるという日本の異界なんだ。二次元世界を願う日本人の願いが投影されたものなんだね。

 

・かわいい女の子がそこかしこに! ここはパラダイスですか?

3EAnGZp

 

・俺の魔法少女がこんなに可愛いわけがない。

kitLjcm

・クロコダイルさんがいなかった :(


・ガールたちが所沢に戻らない限り、会うことはないだろう。

 

・ノゾミ、アイ、ユキナ、チアヤは「パーフェクト・コメディ・チーム」だ。

 

・チィはやはり大統領の娘だったようだな。

 

・戦闘シーンがなくて寂しい。


・メインガールズたちはモブだから、戦い方も石の使い方も知らないんだ。自分たちで戦うわけにはいかない。モサ同士の対立を待つしかないな。

 

・フラッシュバックのシーンで落ちてきた月明かりの石はノゾミのために出現したのか。で、それをマッチャンにあげたってこと?

 

[今後の予想]大統領の計画は月明かりの石をそろえることだが、その計画がダメになって、おそらくなにかしらの大災難が降り掛かってくるんだろう。それをモサではなく、モブの団結力で解決すると見た。

 

Wow とんでもねえビッチの登場だ。

1.チアヤの月明かりの石を取り上げて、4人を自動的にダイナマイト・ボンバーズと決めつける。

2.刑罰を与えると脅す。

3.ばかでかい旦那像を手に入れるために、彼女たちの石をも売ろうとする。

なんてファックxxxxだ。


・そうだよな?!

マッチャ・パンチを奴の顔面にぶち込みたいぜ。


・これからの旅でも同じことが起こりそうだな。

つまり、すべてのモサ(もちろんマッチャ・グリーンはのぞく)は、その力を我が物として、欲しいものを手に入れるためだけに使うんだ。

他のモサもこんな感じだろうから、俺の言ったことを覚えておいて欲しい。


・↑部下を守るために、最初の2つは、まぁわからんことはない。

だが、チィの石を売るってのは…ファックxxxx

グレードAのビッチ称号を与える。


xxxx、完全に同意だ。


・部下を守ること<<<<大人のおもちゃを買うこと


・それでも彼女は東京の「英雄」なんだよな。モサの力のために。ファック!


・ウガー。あいつのやってることを見てたら、すごいフラストレーションが!


・いやだが待って欲しい。彼女は双塔の騎士団の団長としての責務があることを見逃してはならない。ずっとその責務に追われて、彼女はどこでいつ休息をとればいいんだ? どこに自分の人生に価値を見つければいいんだ? 彼女の部下は彼女じゃなくて、モサの力に期待してるんだろう? そのためにオンリー・ワンの彼女が殺されているんだ。彼女はあの置物にしか本当の気持ちを伝えられないんだよ。

 

・娘離れできないおとーちゃんの図。

OiomIII
 

というのはおいといて :P

↓ぼくが気になるのは、彼女だ

N6hreqg

なぁんと、彼女。今回の話で3回くらい映ってるんだ。これはなにか重要な役割を担っているのではないかと思ってね。「ダイナマイト・ボンバーズ」なるグループが戦いを仕掛けるぞ、といいながらも、一向にそうしないことを考えると、これは彼女と無関係ではない気がするぞ。

…、つまり、彼女は東京の団長にそのままでいてほしい。それは団長を敬っているというよりは、「時が来る」まで「強制的」に団長の座についていてほしいと思っている。そうすることで、実際には存在しない「ダイナマイト・ボンバーズ」を存在させておくことができる。見えない敵と戦わせているのさ。

 

・そこら中をルンバが走り回ってるのがよかった。


・あの様子から見ると、宣伝のために描いたものなんじゃないかな。


・ルンバに萌え死んだ。なんておちゃめなルンバ!

3m2a77X

 

・奴はメグミたちの石を盗んでおきながら、自分の石を盗んだといって彼女たちを責め立てたのか? ファック。


・しかもそれを抵当に入れやがった! ファック。 

 

・これまでのところ、全部楽しめてるよ。音楽はパーフェクトだし、アニメーションも鮮やかで見るだけでも美しい。3話は淡々としていて平凡だったけど、自分は最後まで見るつもり。


・虹を効果的に魅せるアニメってそうないもんな。これは背景を楽しむアニメなんだよ。


・↓なんせ吐瀉物ですら虹に代用されるほどだ。

fD2fygG

 

・メカバトルはいつ見てもいいものだ。

OMPPsjk

・この冒頭のために、いったいどのくらいの予算を使ったのか。1話からずっとアクションシーンの出来がいいので、ぼくの心はワンダーでいっぱいさ。

 

・デコピン・デストロイヤー

com-resize (2)

レオパルドの教育のためにも、彼女にこのシーンを見せてはならない。


・彼女たちにもレオパルド並みの「みかわし」スキルがあればなぁ。

com-resize

 

OPソングがとてもキャッチー。すごい好き。


・オリジナルは聞いた?


EDも同じくカバー曲なんだよな?


・「月の爆撃機」だ。それと1話の挿入歌として「1000のバイオリン」が使われてる。


・アニメのためにつくられた女の子たちのキュートロックだとばかり思ってた。もともと、パンクロックだったんだな。勉強になったよ。


・よぉ。俺はたぶん10回以上はOPを見たぞ。すっかり心を奪われてしまったよ。

tx1AaKU

 

・正直言うと、1~2話と比べて、3話は見劣りするね。でもたいしたことじゃない。アクションシーンも静かだったけど、これもたいした問題じゃない。それを差し引いてもファンであるなら、次回以降に期待しようじゃないか。


・↑いやいや、たいした問題だよ。そこを見逃したらいかんだろ。


・↑きっと、後半にすごく手間のかかるシーンがあるんだ。だから人員と時間をそこにかけるために、やむをえないつくりになってしまったのさ。楽天的に構えて、まったりと見ようぜ。

 

・やぁ、マサミがまた物語に登場するようでよかった。萌えばかりだとバランスが悪くなるからね。


・もう回復することはないと言ってたのに :(


・アニメのロジックだと、「(絶対に)回復することはない」というのは「マジック・マクガフィン」になるんだ。逆に言えば、そう言うことで回復の見込みがあるといってるんだ。

(注:マクガフィンとは、物語、映画などで筋の展開に効果を発揮する一工夫のこと。ストーリー全体の中ではそれ自体はたいして重要ではない。米国の映画監督アルフレッド・ヒッチコック(1899-1980)による造語)


・なにか勘違いしてるんじゃないか? 

↓全治には2ヶ月かかると言ってただけだぞ。

rOc4JkV

・まぁ、月明かりの石がなくなったせいで「超回復の能力がなくなった」とは言えるんじゃないの?


・俺が思うに、月明かりの石はモサの力を増幅させる効果を持っている。モサだけに、とは言えんが、少なくとも「力」に関係するとは言えるだろう。


・これまでに見てきたなかでわかっていること。

1.大統領は、月明かりの石が「支払う」機能を持つと言っていた。

2.大統領はマサミとシギョウが回復することはないと思ってる。しかしそれは、彼女たちの石がなければの話し。

3.マサミとシギョウは石があれば急速に回復できると思ってる。だから、マサミはシギョウの石を使って回復を早めようと考えた。

4.あのビッチは「自分の」石なしに、アイを吹っ飛ばした。それに、チアヤのそれと自分のとを見分けることができなかった。つまり、どんな石でもモサには機能する。それをもともと所持している人間が誰かとかは関係がない。

5.石はいろんな呼び方をされていた。「パワーストーン」、「コア」とか。回想によって、石は空から落ちてくるものだということがわかった。

6.ノゾミは「自分の」石をマサミに譲った。ただのモブであるノゾミの前になぜ石があらわれたのか、ここには多くの可能性が指摘できるだろう。


個人的な意見は次の通り:石は、モサになる特定の人物の前に現れる。その選ばれた人は、石の力を使うことができること、あるいは、「自分の意志」で他人にその力を渡すことができる。後者を選択すると、自分がモサになる可能性を捨ててしまうことになる。モサだけが石の力を使えて、さらにモサは誰の持つ石でも使うことができる。石の機能に関して言うと、モサになった人が石を手にすると、本来のステータス力を向上させるか、または、蓄えられた石の力がそのステータスに作用させるか、ということではないか。


・2話の7:15あたり(再生時間)では、なんかの機械のなかに巨大な月明かりの石があった。大統領はそれをじっと見ていたね。その機械がなんであれ、「機械」と「石」には大統領が石を欲しがる理由があるはずだよ。


・その理論でいくと、ノゾミはマッチャンに石の力を「渡す」ために、石の力を使ったということだな? 

あとは、いったいどんな状況で石が出現するのかということが問題だな。


・じゃあ、なんでチィはxxxxの攻撃(アイともども巻き添え)をくらったときに石の力を使って身を守らなかったんだ?


・2つの可能性がある。
1.チィはファイターではない。2.石の力に気づいていない。

 

・もし俺があのビッチなら、ペテンの女にこう言うだろう。

「よく聞けよ、ビッチ野郎。あたしはこの街の最高権力者なんだ。それに、あたしはモサだから指先一本でお前をそこの街路まで吹っ飛ばすことができる。さらに、法律さえもこの手中にある。これがどういう意味かわかるか? そう、お前なんていかようにでも処罰できるのさ。あたしはあのファヴァロ像がどうしても欲しい。これ以上、1コミマでも値を釣り上げてみろ! そのおかしな羽をすぐにでも千切って……、
あら? こんなところに月明かりの石が」


・なんという悪逆非道なやつだ。(おそらくは存在していない)犯罪集団(ボンバーズ?)に踊らされて無実の4人を刑に処そうとした。パスポートという確たるアリバイも無視ときたもんだ。(その日初めてあの4人が東京に入ったという証拠なのに)

 

・ところで、xxxxの声優は誰? どっかで聞いたことあるんだよ。ん~?


・100%断言はできんが、かないみかだと思う。

最近だと、「俺ツイ」のワームギルディをやってたから、それでじゃない?


・ワームギルディ! それだ。あぁ~、すっきりした。

ありがと :D


・齋藤彩夏だと思ってたわ。


・鳥が群がっている…
U85zzug
 

鳥のいうことがわかる…
owGPoZR
 <字幕:
カラスが言ってた。「もじゃもじゃのなか。赤い」>
 

石がきれいという理由で集める…
ecFHi5f
<字幕:きれい…だから>

 

ここから導き出される答えはただひとつ:

チアヤは小鳥さんだったのだ!
……

わかってる、わかってる。そんな顔しないでくれよ。
cb08B7u

http://www.reddit.com/r/anime/comments/2tj3qb/spoilers_rollinggirls_episode_3_discussion/