純潔のマリア 第2話「世界に対す」:海外の反応

・フクロウハーレムマスター、その名はマリア。
RJCjupm
 

・同じことを思った。

 

・善悪の対立にとどまらない立ち位置がいいね。秩序のままにあることが唯一の絶対善とするミカエルは、正しいとか正しくないとかの判断では規定できない。これに魔女であるマリアがどう対応するのかが重要な点だ。


・機械的で非人間的な描写は面白い。でも、あの髪型はいやだ。


・まぁ、面白い髪型してるよな。ミカエルを見た時、「なんで聖ミカエルが女性みたいに描かれてるんだろう」と思った。ミカエルは男性的じゃないのか?


・天使は基本的にアンドロギュノスとかその類のものとして考えられてる。階位でいうと、人間よりも上位にあるわけだから、非人間的な外見だし、グロテスクに見えることもあるのさ。多くの顔、目、舌、翼を持ってたりね。ヤハウェなんて塵のなかに座ってるんだ。

女神転生っていうゲームじゃ、そういった天使の姿がうまく描かれてるよ。スタッフは聖書をよく読んでると思う。


・天使は秩序の権化、悪魔はカオスの権化として存在している。だから、ここに敵っていう概念は本来ないんだよな。ただそうやって存在してるだけなんだから。

 

・《ギリシャ神話》プリアポス:生殖[生産]力の神。というわけで男根万歳!


・プリアピズムと錯覚したぜ。《病理》持続勃起症

 

・脇役たちもちゃんと役割が与えられてて、世界観がつくりこまれてるのが伝わってくる。

 

・最近のアニメじゃ<めずらしく>いいツンデレだよな。

 

・アルテミスもアルテミスで個性がしっかりしてる。
IASd5F4
 

・男のアレをみちゃったら、そりゃサーペント召喚しちゃうわな。

 

・北欧神話がいくつか目についた。この世界では、すべての神話が実際に「存在」しているんだろうか。

 

・マリアとクリスチャンの女の子との関係は面白い。

 

・少年よ。君にアレがなくても、ホールはあるじゃないか。

 

OPいいね。
 

ZAQが担当している。ささみさんとか、中二病とかの。

 

・ホモ・プリーストはお呼びじゃないんだが。

マリアの純真さと、それをからかうアルテミスとのからみは見てて楽しい。インキュバスくんは、まぁアレがないみたいだけど、フクロウだから問題ないな。


・いろいろ登場人物出てきたけど、ホモ・プリーストのリアルさは突出していた。


・戦争と人類の愚かさもね。


・>ホモ・プリーストはお呼びじゃない

覚えてる歴史が正しいなら、プリースト同士での同性愛は普通で受け入れられてたんじゃなかったっけ? 


・そんな事実はない。発覚した同性愛のプリーストたちは火計に処せられたんだから。だいたい、多くの協会が現代に至るまで、そういった事実をずっと秘密にしてきたんだ。


・>覚えてる歴史が正しいなら

たぶん、古代ギリシャと覚え違いしてるんじゃないの? その時代は女性の地位は人間と天使みたいに、上下区分がされてたんだ。たとえばあのミカエルが人間と行為に及ぼうと考えると思うかい?

 

・マリアの処女ジョークもまだくどくは感じない。

そして、いろんな宗教観の混合は変な感じがするが、まぁ面白い。キャラの成長が楽しみだ。


・マリアの純真さはとても愛らしい。物語の足かせにはならないよ。

 

・3話のサブタイ「fide non armis」は、「武装ではなく信念によって」という意味だ。最高の兵士とは帝国内で生まれ育ったもの、という考えから来ている。王に忠誠を誓い、そのために、喜び勇んで戦って死ぬんだ。軍隊は当然、傭兵も多く含まれているが、戦いに勝利した場合でも、それは武力の結果ではなく、自国の兵士の信念がもたらしたのだという考え方だ。信仰とはそういうことだな。


・ほんと、15世紀の宗教観は馬鹿げてる。

 

・ミカエルさん。まばたきしないように頑張ってるんだね。

 rb72XMA


・純真マリア。

 p1I0ueN


・勇ましいマリア。

 zOsSBeV


・眠りのマリア。
wl1gU4y